※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
桜島シーカヤック&イルカツアー
2005年7月1日

第13回奄美大島シーカヤックマラソンの協賛メーカーとしてfinetrackの3名は、販促・商品開発テスト・撮影を兼ねて鹿児島の最南部にある奄美大島へ行ってきました。

途中の桜島シーカヤックでは沢山のイルカが歓迎してくれました。シーカヤックマラソンは盛り上がり、その後の無人島ツアーでは、大漁のメバリと巨大なアバスを仕留める楽しいツアーとなりました。もちろん、奄美大島のいい波をサーフカヤックとサーフィンでも堪能しました。

前日晩に神戸で友人と合流し、高速ノンストップで1000km程離れた鹿児島へ。

朝にランドアートの安藤氏達と合流し、
彼の案内で桜島シーカヤックツアーに行ってきました。
DSC02919.JPG
 
桜島南側の小さな漁港より出艇。

溶岩大地の入り組んだ入り江と
桜島御岳の景色を堪能しながら岸沿いを漕ぎます。

DSC02921.JPG    後ろには、溶岩台地、奥に桜島御岳がそそり立ちます

DSC02930.JPG
 
DSC02936.JPG
 
DSC02959.JPG
 
DSC02965.JPG
 
景色を堪能していると、イルカの群れが出現。

しばらくすると、別の群れも更に近くに。
DSC02980.JPG
 
「ブシュー」との呼吸音と共に、ほんとに近くに現れました。
呼吸の際にイルカの周りには水しぶきがあがるんです。

鹿児島の錦江湾では、沢山のイルカが生息しており、湾岸をドライブ中でも見かけるぐらいいるそうです。
DSC02981_p.JPG
 

 
イルカを堪能したあとは、漁港に寄り道。

船で入る時は、入り口にある2つの矢印が1つに重なるように進路をとると座礁しないそうです。

シーカヤックは小さいので適当に進路をとります。
DSC02987.JPG
 
DSC02999.JPG
 
DSC03001.JPG
 
DSC03003.JPG   溶岩台地独特の岩 DSC03009.JPG
DSC03014.JPG 晩の奄美大島行きのフェリーに間に合うように撤収。

桜島フェリーで対岸の鹿児島へ渡り、奄美大島行きのフェリーへ。
DSC03016.JPG

DSC03017.JPG   桜島フェリー バスのように簡単に乗れます