※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
紀伊半島 大塔川支流・黒蔵谷沢登り
2005年7月16日

日本百名谷の一つとして有名な、紀伊半島南部に位置する、大塔川支流の黒蔵谷に沢中1泊2日で行ってきました。

黒蔵谷は、豊富な水量と綺麗な長い淵・滝があり、登ってよし下ってよしの沢で、泳ぐ沢登りには最適の沢である。但し、泳ぎが多いのはもちろんのこと、高度のある高巻きや人工登攀のポイントもあるため注意が必要である。

幸運なことに、我々は2日とも天候に恵まれ、梅雨明け直後の真夏の暑い日差しの中、長く続くゴルジュの藍い綺麗な淵を魚と共に泳いで、まるで別世界を堪能してきました。

参考装備:ヘルメット、ライフジャケット、沢シューズ、ハーネス、カラビナ、シュリンゲ、ゴージュバッグ30、スローバッグ22、フローティングロープ15m、スカイフック&アブミ、ナッツ、フライングシェード4ツエルトII
フラッドラッシュスキンT・タイツフラッドラッシュジップネックジャケット・タイツストームゴージュショーツ、パドリングジャケット・パンツ、他食料装備・シュラフカバー等

DSC04227.JPG
 
1日目: 黒蔵谷出合看板 7:30 =車で回送= 9:10 - 黒蔵谷出合 9:30 - 昼食11:40/12:25 - 出谷出合 12:30 - 高山谷出合 15:00

2日目: 高山谷出合 8:00 - 9:35 黒蔵滝前衛8m滝 9:50 - 10:10 黒蔵滝 10:25 - 高巻後再入渓 11:00 - 13:10 石垣 13:35 - 二股520m 14:35 - 15:35 林道740m 15:50 - 大塔川林道出合 17:15 =車= 駐車地点 18:00

<1日目>
黒蔵谷出合の林道には左の看板がありました。
この脇に車を駐車しここから入渓。

DSC03716.JPG    入渓地点の大塔川 奥が黒蔵谷出合

入渓前に、下山予定地の大杉林道始点に車を回送。
大塔川林道が思ったより長いため、入渓が遅くなってしまった。
その分帰りは早くなるのだが。

梅雨明けの真夏の暑い日差しの中、黒蔵谷出合で早速完全装備に。
泳ぐまではかなり暑いけど、泳ぐと丁度良くなります。
大塔川を少し下りすぐに黒蔵谷に入る。

広い川原を少し歩くとすぐに鮎返滝。
暑いので少し泳いで、時間もないのでここは攻めずに左の岩場から高巻く。

DSC03723.JPGすぐに泳ぎが始る

DSC03725.JPG   鮎返滝  いい淵です

滝上はすぐにゴルジュが始る。

泳いで、泳いで、泳いで、
ばしゃばしゃ歩いて泳いで取り付いて。

どのくらい泳いだかわからないくらい泳ぎます。
楽しすぎます。
DSC03732.JPG
 

DSC03736.JPG    底まで全て丸見えです

DSC03740.JPG    泳いで

DSC03742.JPG水中写真

DSC03758.JPG    綺麗な水の淵にダイブ

DSC03767.JPG    流れの中を泳いで

DSC03774.JPG    次から次へと淵が

DSC03780.JPG    岩場に取り付き DSC03787.JPG    続きます

DSC03791.JPG    取り付き

DSC03794.JPG     流芯を

DSC03805.JPG飛び込み

DSC03816.JPG    まだ淵は続きます

DSC03825.JPG    木漏れ日の中の綺麗な淵 魚影も濃いです

DSC03830.JPG    魚と一緒に泳いで

DSC03833.JPG    この淵は長いのでラッコ泳ぎ 結構楽です

DSC03835.JPGさらに奥まで

DSC03842.JPG木漏れ日の楽しいゴルジュ

 
DSC03844.JPG水面さえも綺麗です

 

DSC03846.JPG    水は底まで見えるほど綺麗

DSC03855.JPG更に泳ぎます

 

DSC03856.JPG    淵

DSC03860.JPG    淵

DSC03866.JPG

 

DSC03869.JPG
 
どれぐらいの淵を泳いだか分からなくなったころ
お腹が空いたので昼食休憩

前夜の寝不足もあり昼寝もして1時間くらい休憩

醗酵したブドウジュースで潤います
DSC03875.JPG 昼食後歩き出すと、すぐに出谷出合

ここの支流は水量もあまりなく小さそう

時間も押してるので先を急ぐ
ここから先も更に淵は続きます

難しいところも出てきます。
DSC03873.JPG綺麗なツツジ

 

DSC03876.JPG長い淵

 

DSC03878.JPG    イモリ  踏みそうなぐらい沢山いました

DSC03881.JPG    どんどん泳ぎます

DSC03886.JPG    へびも登場

DSC03887.JPG 淵は続く

DSC03890.JPG 人も登場?

DSC03895.JPG 続く

 

DSC03902.JPG    美形のアマゴ

 

DSC03906.JPG
 
ここで気合の入った上下ウエットの釣師とばったり。

お互いにびっくりです。

釣り果をみせてもらうと、、、!美形のアマゴが。

釣り師曰くこの淵は水量が少ないと流芯をフリーで登れるが、今日は水量が多く無理なので帰るとのこと。

釣り師に現在地と林道の位置を教えた後、
空荷で流芯に飛び込み、
右岸壁をスカイフック&アブミで突破です。
DSC03907.JPG    後続にゴージュバッグ30を投げる
良く飛びます
DSC03911.JPG
荷物と後続は、ゴージュバッグ30を投げて回収。

 
DSC03923.JPG    淵は続きます DSC03919.JPG 泳いで

 
DSC03934.JPG 泳いで

 
DSC03927.JPG たまに岩登り

 
DSC03943.JPG
 
DSC03946.JPG
 

DSC03949.JPG    水は綺麗

 

DSC03950.JPG 深い底までみえます

 
DSC03954.JPG
 
すると大きな淵が。

ここは左側の岩にアプローチ。
フリーでも越えれそうでしたが、
スカイフック&アブミで越えました。

セカンドはまたフローティングロープで。
DSC03971.JPG
 
DSC03972.JPG    出合から高山谷 本流よりも水量がある感じです

 
しばらく泳いで歩くと高山谷出合。

このあと上流は核心部で時間切れのリスクがあり、
今日明日と天気ももち、水量も下がってきているので、
出合でビバーグすることに。

続くゴルジュの中でここだけ開けた快適空間です。

流木を支柱にフライングシェード4を設営し

ゴージュバッグ30のロープで物干しに。
DSC03984.JPG
 
釣り&昼寝後、

奄美大島限定バージョンのオリオンビールで乾杯!

夜は満天の星空の元で焚き火
DSC03982.JPG
 
DSC04000.JPG DSC04007.JPG   我等が寝床 結構広いです
<2日目>

朝もやのなか寝不足もあり
なかなか起きられずゆっくりスタート

この上流は巨岩地帯に入り大きな滝2つを巻く核心ポイント。

今日も完全装備で挑みます。
DSC04014.JPG
 

DSC04018.JPG    出合すぐ上流だけ穏やかだが、、、

DSC04019.JPG    ここは右岸岩壁より高巻き

DSC04030.JPG    すぐに泳ぎます

DSC04031.JPG    巨岩がでてくる

DSC04032.JPG    ここは流芯に飛び込み左岸にとりつき

DSC04037.JPG 岩下から流芯を突破

 

DSC04042.JPG    巨岩地帯

DSC04045.JPG
DSC04058.JPG    シャワークライムして

 

DSC04060.JPG

 

DSC04065.JPG                                ここは流芯をシャワークライムで1段あがり DSC04070.JPG                                  右側の岩穴から上に抜ける
巨岩帯をしばらく登ると、
全方位を岩壁に囲まれた中に
黒蔵滝前衛の8m滝が出現

綺麗だが険しい

少し戻って右岸より高巻く。

黒蔵滝ごと巻いてしまうと
非常に大きな高巻きになってしまうので、
高度を上げ過ぎないようにトラバースして、
木立の急斜面を降りると、
黒蔵滝が抱える淵に安全に出た。
DSC04085.JPG
 
DSC04088.JPG 足場はよくない

 
DSC04091.JPG ここから急斜面を滝壺目指して

 

黒蔵滝(地形図ではカンタロウ滝)35m

圧巻である
DSC04092.JPG
 
DSC04095.JPG
 

DSC04104.JPG

 

DSC04111.JPG
 
DSC04114.JPG しばし眺めたあと高巻きする

右岸のガレ谷を60m程登った後、
バンドをトラバースして
滝落ち口からせり上がってきている尾根を乗越して
斜面を少し上流側に下ると、
安全に沢に戻ることができた
真夏の日差しと高巻きで暑くなってきたので、

泳いでクーリング

泳ぎ、遊び、歩きで更に奥へ
DSC04119.JPG
 
DSC04120.JPG
 
DSC04124.JPG
 
DSC04131.JPG
 
DSC04133.JPG
 
DSC04138.JPG
 

DSC04137.JPG 巨壁にも樹木が

 

DSC04145.JPG
 
DSC04147.JPG
捩じれた滝は、
ホールドが乏しく
安全のためビレイする。

上部のトラバースは、岸壁上部に生えてる木に石を入れたゴージュバッグを投げて通して支点をとり確保。

 

 

 
DSC04158.JPG DSC04171.JPG                                  地形図上の黒蔵滝 小さく左岸で簡単に上がれる
水量が減り流れが穏やかになってくると、
大きな石垣が出現。
この上にも多くの石垣があった。
昔の炭焼きの後であろう。

天場によさそうなポイントが多く
ここより上流にビバーグするのが安全であろう。

ここで昼食。
時間がおしているので、すぐ出発する。
上部は多少淵があるが、
水がすくなくゴーロ帯を一気に奥へ進み、
林道へ抜ける最短コースの支流を探す。
DSC04164.JPG
 

DSC04185.JPG

 

DSC04190.JPG
 

DSC04195.JPG    炭焼き釜跡

DSC04200.JPG 古い大きな木

DSC04208.JPG                                    520m右岸の支流を少しつめたところ

高度520mの二股を右岸の支流に入り、
林道目指してガレ沢を一気につめる。

570m二股は左俣に入りるとだんだんガレが酷くなり、
沢上部が崩壊する手前で右側斜面に逃げて、
そのまま沢を見ながら詰めると、
藪漕ぎなしで林道740m地点へ。
DSC04215.JPG                                  カーブミラーとガードレールがある大杉林道
でもゲートがあり車は進入できない
非常に暑いので早速着替え。
ここでパドリングパンツのすそに1匹の蛭発見。
でも被害なし。
この時期にしては蛭の被害がなくラッキー。
かわりに着替えてる間に虫に沢山刺される。

一路、デポ車目指して林道を歩くが長かった。
途中鹿にも遭遇。「キキー」を鳴かれてしまった。
我々は彼らにとって部外者なのであろう。
1時間ちょっとで車に到着。汗だらけである。

黒蔵谷出合に置いてある車を回収して、
渡瀬温泉でさっぱりする。

2日間の沢行きであったが、名渓と呼ばれるだけの
綺麗さと険しさがあり非常に充実した遡行となった。
次回は高山谷出合まで遡行して、下降して戻ってくるのも面白そうである。お勧めの沢です。
DSC04219.JPG 深い谷 DSC04224.JPG 大杉林道始点