※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
三重鈴鹿・神崎川 赤坂谷沢登り&ツメカリ谷下降
2005年7月30日

finetrackと似たスタイルで、泳ぐ沢登りを実践している販売店のアシーズブリッジ様の沢ツアーに一緒に行ってきました。ベテランのスタッフがリードして安心した沢登りを楽しめます。

神崎川堰堤上の林道 6:20 - 仙香谷出会い 6:35 - 赤坂谷から尾根越え入り口(740m地点) 9:40/10:20 - ツメカリ谷合流地点 11:00 - 神崎川合流 12:10 - 取水堰堤13:20 - 堰堤上の林道 13:30
 

DSC04601.JPG   アシーズ胡田氏より沢での諸注意の説明 <1日目>
広島店、福山店、尾道店より合計7名の参加者とアシーズのスタッフ胡田氏と昼過ぎに神崎川で合流。遠方より6時間、お疲れ様です。

猛暑なので、キャンプの準備をして、神崎川下流で早速沢講習&水遊び。
流れの中からの脱出方法、スローバッグを使ったレスキュー方法、飛び込み&泳ぎを楽しく実践しました。
DSC04619.JPG   飛び込み DSC04639.JPG    スローバッグを投げてレスキュー
DSC04651.JPG   全員が助ける方と助けられる方を体験 DSC04653.JPG
DSC04673.JPG
 
キャンプ地。
暑いので夕方から早速ビールで宴会です。

胡田氏の仕切りで自己紹介をして参加者の皆様同士親睦を深めました。
晩遅くまで大変盛り上がりました。
DSC04692.JPG
 
DSC04718.JPG
 
<2日目>
キャンプ地を6時出発後、すぐに入渓。
仙香谷に入るとすぐに泳ぎが始ります。安全確保のため要所要所でフローティングロープなどで確保を行い、赤坂谷740m地点まで泳ぎとシャワークライムを堪能しました。
DSC04766.JPG
 
DSC04769.JPG
 
DSC04776.JPG
 
DSC04802.JPG
 
DSC04826.JPG
 
DSC04831.JPG
 
DSC04832.JPG
 
DSC04850.JPG
 
DSC04858.JPG
 

DSC04867.JPG

 

DSC04871.JPG
 
DSC04881.JPG
 
DSC04883.JPG
 
DSC04892.JPG
 
DSC04894.JPG
 
DSC04914.JPG
 
DSC04918.JPG
 
赤坂谷よりツメカリ谷へは、
枯れ沢と尾根筋の踏み後を辿り1時間弱で抜けました。

展望の良い尾根で記念撮影。
暑いです。
DSC04954.JPG
 
DSC04973.JPG
 
ツメカリ谷下部から、神崎川本流は、
楽しく飛び込み&泳ぎながらの下降です。

始めは戸惑っていた参加者の皆様もおられましたが、
後半は、皆積極的に飛び込んでおりました。
DSC04971.JPG
 
DSC04974.JPG
 

DSC04979.JPG

 

DSC04988.JPG

 

DSC04991.JPG

 

DSC04996.JPG
 

DSC05004.JPG

 

DSC05061.JPG
 
DSC05064.JPG
 
DSC05063.JPG
 

DSC05073.JPG

 

DSC05074.JPG
 
ゴールの取水堰堤で記念撮影です。
参加者の皆様は水量の多い鈴鹿の沢登りと泳ぎを堪能されました。皆様の満足されたいい笑顔が印象的でした。

殆どの参加者の方に着用して頂いたフラッドラッシュは暖かく、積極的に水に入れると好評でした。既にご購入された方有難うございました。

アシーズブリッジは、神戸ハーバーサーカスに神戸店を今年開店しております。finetrack事務所から近所なので、finetrackスタッフも時々出現します。

<前回の記録はこちら>
<昨年の記録はこちら>
DSC05094.JPG