※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
紀伊半島 北山川支流・備後川大谷沢登り
2005年9月3日

沢初心者もいるので、一通り体験できて楽しいところを探すと探すと備後川大谷がよさそうなので行くことに。
備後川は、池原ダムの東奥にある北山川支流である。

入渓から二股までの泳げる淵と、左俣の連瀑帯と程よいグレード。水は底まで見える程綺麗。しかし、ナメ775m地点から林道までの藪漕は濃くイバラと杉に苦しめられ大変であった。また林道に出るはずの尾根も直に出ず登り返して時間がかかってしまい、盛り沢山の内容となった。(レポート・写真:橋本)

大谷出合 9:45 - 瀬戸小屋谷出合 10:00 - 二股(左俣) 11:50 - 13:30 連瀑帯終了700m地点 14:05 - ナメ775m 14:35 - 912mピーク 15:15 - 林道終点 16:50 - 大谷出合 17:50
DSC05850.JPG大谷橋

 
備後川林道を走っているとカモシカが迎えてくれた。
林道沿いでも十分山深さと水の綺麗さを堪能できる。

大谷橋で準備をし入渓。
少し歩くと程よい泳げる淵が続く。

台風の影響で心配していた天気も快晴で良い。
ゴルジュの淵に差し込む木漏れ日で非常に綺麗だ。

気温も高く泳ぎが気持ちいい。
DSC05857.JPG
 
DSC05867.JPG
 
DSC05870.JPG
 
DSC05876.JPG
 
DSC05884.JPG
 
2段S字8m

釜に飛び込みテラスより左側を木を使い這い上がる。

ここまでは直登コース。
DSC05892.JPG
 
DSC05891.JPG    2段S字8m

 
DSC05901.JPG
 
DSC05910.JPG    大釜10mは左岸を巻く

 
DSC05916.JPG
 
いくばくか泳ぐと直に二股に。
右俣の方が渓相は緩やかだが流れが多い。

連瀑帯が始まる左俣に入る。
DSC05921.JPG
 

DSC05930.JPG

 

DSC05940.JPG

 

DSC05953.JPG

 

連瀑帯をシャワークライムも交え
軽快に直登していく。

楽しい。
DSC05961.JPG DSC05963.JPG すると30m直瀑が出現。

これは左岸を巻く。
ルンゼを上がりバント帯をトラバースすると落口に出る。

また、すぐ上にも15m滝。
これも左岸を巻く。
DSC05970.JPG15m滝

 
DSC05979.JPG50mナメ滝

 
すると50mナメ滝だ。
青空に向かって気持ちよく直登。

快晴で高巻きも長く暑いので
流れにはまってクーリング。
ここで昼食。

天気もナメも良さそうなので、
ここから884mピークを越え林道に出るのではなく、
もう一つ上の912mピークを狙う。

この上はナメと軽い滝が続く斜度の緩い源流で気持ちよい。
小さなハヤは岩陰に追い込むと手づかみでとれてしまう。
DSC05985.JPG
 
DSC05986.JPG
 
DSC06002.JPG
 

DSC06026.JPG    林道と右上は912mピーク

 

775m地点の水の少ない支流にはいり、鹿よけネットを越え912mピークを目指す。

支流はしばらくすると姿を消し、若い杉とイバラを藪漕ぎする。手は傷だらけになり、鼻にも棘が刺さる。なんとかめげずに高度を稼ぐと912mピークにたどりつく。
沢での爽快感が遠い過去のものになっていく。

下りは南西の尾根に入り林道始点を目指す。
鹿よけネットの北側の不明瞭な踏み跡をまたもやイバラを避けながら下る。が、林道にぶつからない。安全のため登り返して不明瞭な踏み跡をたどり尾根を一つ南にトラバースして林道に出る。あとは一気に林道を下って出発点に。
車での帰り道、備後川本流には大きな滝も。
この山域は標高は高くないが、非常に山深い。
暗くなると、鹿、うさぎ、うりぼう、が車の前を走っていった。
感慨深い盛りだくさんの沢登りであった。

日曜日は、それぞれで楽しみました。
DSC06029.JPG
 
DSC03092.JPG CIMG0074.JPG
須磨のルアー船で久しぶりに釣り仲間と、メジロ・カンパチ狙いで明石海峡にジギングしてきました。
台風の影響で残念ながら大型青物の群れはなかったですが、60cmの明石ダイをゲットです。
土曜の晩に友人たちと合流し、ラフト・ダッキーレースをしていた北山川を下ってきました。
人が少なく、いろいろな瀬で楽しみました。