※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
兵庫・氷ノ山落折ツアー (三ノ丸避難小屋-落折)
2005年12月25日

豪雪の3連休の最終日は晴天予報。普段の積雪では行けない記録のない氷ノ山の新ルートを快晴の中滑ってきた。
(レポート:橋本、写真:川崎、橋本)

若桜氷ノ山スキー場トップ 10:40 - 11:50 三ノ丸避難小屋 12:30 - 西尾根1376ピーク 13:15 - 13:50 落折部落の北尾根1050m 14:05 - 登山道790m 15:05 - 16:00 落折
DSC01274.JPG   全層雪崩(中央と右下)
スキー場を繋いで効率手にパウダーを楽しめるコースも検討したが、豪雪のため斜面に既にクラックが入ってるとの情報を得たので変更。
同行の川崎氏の狙っていた記録のない落折へ抜けるルートを選択。

戸倉峠西側の落折部落に1台車をデポして若桜氷ノ山スキー場へ。スキー場でも、いきなりの豪雪のため、草付の斜面は既に全層雪崩。今日はやはり要注意である。
DSC01306.JPG
 
新雪が沢山積っているのでゲレンデ内のパウダーを堪能してからの遅いスタート。

天気が良い為、スキー場トップから既に多くの人数が上がったようでトレースがしっかりできていた。
12月の氷ノ山でこの積雪は非常に多い。
DSC01335.JPG
 
IMG_0160.jpg
 
DSC01358.JPG
 
快晴の中、氷ノ山山頂も山頂小屋も良く見える。 DSC01362.JPG
 
天気が良いので、まずは三ノ丸避難小屋まで行くことに。

快晴でも尾根上の小屋周辺は強風。
直に小屋の中に入り昼食。

戸倉峠からラッセルで登ってきた山スキーヤー2名の方ともお会いした。
DSC01391.JPG
 
DSC01397.JPG
 
DSC01399.JPG
 
DSC01406.JPG   正面上部が西尾根1376mピーク 避難小屋から南西にルートを戻り、西尾根1376mピークを目指して気持ちのよいメローな斜面にターンを刻む。

DSC01412.JPG   気持ちの良い斜面にターンを刻む

DSC01416.JPG   1376mピーク目指してシールをつけて登り返し

シールをつけて登り返すと直に西尾根1376mピーク。
ここは地形がまったりとしていて支尾根がいくつかあるので読図を試されるところ。
地図とコンパスで何回も確認を行い南側に伸びる落折に続く尾根に出る。

別ルートとして、ピークから大段の方に西尾根を下り鞍部より北斜面を滑り林道を辿りスキー場に戻ることもできる。昨年行ったルートだ。
DSC01420.JPG
DSC01436.JPG 尾根上部は樹林も薄く広いメローな斜面。
景色も良く気持ちいい。
樹林の薄いところを探しながら尾根を下る。

雪面には兎の足跡だらけだ。
人がほとんど入らないからであろう。
彼らの神聖なテリトリーなのかもしれない。
DSC01434.JPG
DSC01444.JPG すると1050m地点で地図にない林道に出た。

どうやら戸倉峠から続く林道が延びてきたようだ。
林道を伝って家の谷川の沢芯を下ることも検討したが、シーズンが早くまだ滑れないだろうと、尾根を更に下ることに。

樹林は密度を増す。
時折ブナの気持ちのいい森が西側に現れるが下る方向ではないので諦める。

1010m付近から杉の急な沢を下り、尾根東側800m付近の登山道に出る。斜面も雪も結構険しい。
この登山道は雪に埋もれ見つけにくくあまりはっきりしていない。
DSC01450.JPG
 
DSC01456.JPG杉の急斜面

 
DSC01458.JPG登山道790m

 
このあとは登山道、林道を辿り、落折部落に向かう。
ひっそりした物静かないいところだ。
DSC01474.JPG
DSC01484.JPG
 
落折は平家の落人が暮らしたところだ。
遺跡もある。大きなツララが発達していた。

林道沿いには鹿の足跡。
辿っていくと鹿がお腹を雪にすりながら歩いていた。
つがいであった。

鹿と会って少し下るとすぐに落折部落に。

自然と景色に恵まれたいいルートであった。
ただ、一部樹林・斜面が険しいのと正確なナビゲーションが出来ないと非常に痛い目に会うので注意である。
DSC01491.JPG DSC01502.JPG