※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
白馬 金山沢&ガラガラ沢ツアー
2006年4月15日

不安定な気圧配置のため当初予定の白山を変更し、一番天気が崩れにくそうな白馬を狙った。4月なのに新雪も積った中、両日とも天気に恵まれたツアーとなった。(レポート:橋本、写真:宮崎、橋本)1日目:
栂池ロープウェイ終点 9:15 - 10:30 天狗原 10:45 - 11:35 白馬乗鞍岳 11:50 - 金山沢源頭2612mピーク 12:40 - 沢出合 14:10 - 14:50 猿倉 15:10 - 16:30 二股2日目:
八方池山荘 10:20 - 12:00 下ノ樺 12:30 - ガラガラ沢 - 13:50 林道合流点 14:20 - 14:50 二股
imgp1010.jpg 
<1日目>
不安的な気圧配置で当初予定の白山は雨予報。
白馬はなんとか曇りでもちそうな気配。とりあえず、栂池スキー場から山ノ神ルートで白馬乗鞍スキー場下山を予定し、天気が悪くなれば白馬乗鞍までのピストンとして出発。悪天予報と遭難続きのためか、混雑が予想された栂池ロープウェイは空いている。山頂駅からシール登行しだすと直に真っ白いガスの中に。
天狗原で休憩後、白馬乗鞍岳を地道に目指すと、ガスが明るくなり雲海の上に出られたではないか。

雲海の上は気持ちの良い快晴だ。
imgp1011.jpg 
dsc09811.jpg   快晴の白馬乗鞍岳で休憩  imgp1017.jpg   雲海の上に 
imgp1019.jpg  ここまで晴れるならばと、豪快に滑れる金山沢に予定を変更。
金山沢源頭の小蓮華山南東2612mピークを目指す。後ろには唐松岳から白馬岳の雄々しい山々が立ちはだかる。
imgp1024.jpg  2612mピークに付く頃には、雲海の晴れの天気も下り坂予報どおり雲が張り出してきた。それでも視界は十分だ。
金山沢源頭から出合まで標高差1100mの豪快な斜面を下り始める。沢の出合は遥か下だ。
まだザラメ化していない重たい雪を押し分けながら、斜面に深いシュプールをつけていく。今年は黄砂が多いせいか白い雪面が殆どみられず、茶色い滑らない雪面が広がる。やはり自然破壊が進んでいるのだろう。爺になったときでも滑れるのだろうか、とふと思う。
imgp1030.jpg 
imgp1032.jpg  dsc09868.jpg 
dsc09898.jpg  唐松岳を目の前にして沢を下っていく。
気持ちよい。金山沢下部は所々にクラックや新しい雪崩後が現れる。
今年は例年より多そうだ。
dsc09921.jpg  imgp1062.jpg   デブリを滑る 
斜面に一部真っ白い新雪の筋が残る。
先週の降雪の後発生したデブリであろう。
白いジュータンは板が走り滑り易い。
dsc09937.jpg   新雪のデブリは快適 
dsc09960.jpg   出合手間のデブリ 奥は小日向山 

 
dsc09965.jpg   膝まで埋まるぐさぐさ雪 
imgp1078.jpg   金山沢出合 奥は大雪渓へと続く  沢出合の手前は、例年通りデブリが出ている。
例年より大きいため、反対斜面をトラバースして回避。雪は更にぐさぐさになる。林道を下り尾根でショートカットすると、小日向山からの猿倉にかけて沢を深くえぐった雪崩後にでくわす。
デブリは猿倉の林道手前まで達していた。

いつもも通り猿倉からは林道左側の雪をつないで下る。
かなりのアドベンチャーコースでもしかしたら本日の核心部になったかもしれない。
imgp1086.jpg   小日向山から猿倉への雪崩  dsc09996.jpg   アドベンチャーコースの林道脇 
dsc00012.jpgdsc00013.jpg
白馬はおいしいお店があるものです。
dsc00007.jpg 
<2日目>予報通り晩に20-30cmの降雪があった。
春の新雪には気をつかう。
本日はショートコースの名無沢かガラガラ沢に向かうことにする。八方スキー場トップからシールで歩きだす。
雨上がりの快晴で景色も澄んで気持ちよい。
dsc00027.jpg 
imgp1107.jpg   下ノ樺 脇にはベーステントが設営してあった  dsc00087.jpg 
名無沢を滑ろうと下ノ樺まで高度を上げるが、上ノ樺からの急斜面に小規模な表層雪崩が発生している。本日この斜面を滑るのは得策ではないため、ガラガラ沢を下降することに決定。ガラガラ沢は既に数パーティーが入っており多数のシュプールが付いていた。 dsc00099.jpg 
imgp1121.jpg  抜けるような青空のなか快適な真っ白い斜面にシュプールを着けていく。若干重いが昨晩の新雪で気持ちよい。
これだから山テレはやめられない。
imgp1133.jpg  高度を落とすと気温が上がり、雪も重くなりだらだらとした表層雪崩の様子を呈してくる。雪に足がとられ滑りにくく体力を使う。
この沢下部は逃げ場がなく、周りからだらだらと雪が落ちて来るので早々に通過を試みる。
imgp1144.jpg  imgp1148.jpg   デブリをバックに 
デブリの上を滑る。
下部は滑らない重い雪になっており、デブリの上の方が柔かく軽く滑り易い。

dsc00124.jpg   柔かいデブリを滑る

 

dsc00136.jpg 沢を抜けると、南股入川右岸をトラバースして高度を下げてから、雪が繋がっている河原を横断して林道に入る。
広い川原でビール休憩。
ホント気持ち良い日です。この後は残雪の残る林道を滑走。
今年は大きなデブリが出ており板を外して乗り越える。
所々雪が切れていが、工夫して通過。
殆ど二股まで滑れました。今年はやはり雪が多いです。
dsc00153.jpg天狗ノ頭をバックに 
dsc00159.jpg  dsc00168.jpg大きなデブリ 

dsc00173.jpg   板を片方つけたままケンケン

dsc00177.jpg   ほぼ二股手前まで