※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
GW2 八甲田山テレマークツアー
2006年5月3日

GWのスキーツアーはコース良し・温泉良し・桜良しで、やっぱり東北に限る! と言うことで、北ア・槍ヶ岳飛騨沢を滑った後、一路、車を走らせ八甲田山にやってきました。

今年は八甲田も例外なく雪が多いとあって、期待に違わず快適なスキーツアーを楽しむことが出来ました。
(レポート:金山、写真:田中、藤田)

山域:北八甲田周辺    
ベース:北八甲田 酸ヶ湯キャンプ場
a80 002.jpg   スタートの田茂萢岳から
赤倉岳・井戸岳・大岳・硫黄岳を望む

 
<5/3>

北ア・槍ヶ岳飛騨沢を滑り終えて下山後、2隊に別れ、我われは友人1名と合流し八甲田山へ移動。
今日はのんびりと小岳~銅像ルートに。 

緩斜面を滑走し、コルより前嶽山頂を目指す。
a80 012.jpg
 
a80 014.jpg
 
a80 020.jpg
 
銅像ルートの滑り出しは直下に大きなクレバスがあり、トラバースから斜面中央に移動。

至福のひととき。 雪質は言うまでもない!

酸ヶ湯上の雪原にベースキャンプを設置。
a80 022.jpg
 
p5040088.jpg
 
a80 029.jpg
 
a80 072.jpg
 
<5/4>

今日も快晴。 岩木山が美しい!
今日のルートは赤倉岳~箒場岱上半部~高田大岳~谷地温泉。

こんな陽気にはブリーズラップが動きやすく調子が良い!
a80 075.jpg
 
a80 078.jpg
 
a80 090.jpg   赤倉岳より高田大岳・雛岳・箒場岱ルートを望む

 
a80 092.jpg
 
赤倉岳より箒場岱ルート上部は景色もよく快適な斜面が続く。

適当な所で、トラバースとキックステップで高田大岳と小岳の鞍部を目指す。
a80 094.jpg
 
a80 160.jpg
 
a80 162.jpg   どこでも滑り放題!

 
a80 167.jpg
 
 高田大岳の登り。
高田大岳頂上。

これから谷地温泉まで滑りっぱなしと思うと疲れは吹っ飛ぶ。
長い最高の斜面が続きます。
a80 176.jpg
 
a80 237.jpg
 
ここから暫くは言葉もありません!
a80 201.jpg
 
a80 232.jpg
 
a80 228.jpg
 
a80 234.jpg
 
a80 215.jpg
 
a80 235.jpg
 

滑ってきた大斜面。

ブナの林は楽し~い!
a80 249.jpg
 
a80 257.jpg
 
p5040083.jpg
 
a80 276.jpg
 
谷地温泉の湿原に咲く水芭蕉。

斜面も景色も温泉も最高でした。
<5/5>

山は悪天のため、下界へツアーに。

弘前城は桜が満開~。
a80 278.jpg
 
a80 297.jpg
 
p5050103.jpg
 
a80 329.jpg <5/6>

19時間掛けて、奥入瀬渓谷~十和田湖経由で帰神。
東北はやはり時間がかかります。