※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
レスキューミーティングin 北山川
2006年7月22日

今年もレスキューミーティングを紀伊半島の北山川で開催しました。関西のリバーカヤッカー有志が集まり、毎年一回行っているレスキュー練習会です。(レポート:上野、写真:半澤)事故は頻繁には起こる事ではないし、起こしてはいけないのですが、もしもの時に備えて練習会を行っており、今年で7回目になります。今回の参加者は21名で愛知県からの参加者もありました。 imgp1754.jpg 
<1日目>まずは普段の川下に使っている道具についてのディスカッションから始まり、瀞場でスローバッグを投げる練習。

        ボート対ボートのレスキュー
                 ↓
imgp1758.jpg 

imgp1764.jpg   バウレスキュー

 

 


脱艇者をレスキューする
imgp1773.jpg   手で起こす  imgp1786.jpg   水を抜いて 
imgp1767.jpg   パドルを使用する  imgp1787.jpg   水上でボートに乗せる 
実際の流れ(Class2程度)での基本練習。 imgp1796.jpg 

imgp1797.jpg   スローバックでレスキュー

 

imgp1814.jpg   ライフベイト 
imgp1822.jpg   アグレッシブスイム(泳いでスラローム)

 
1日目の最後はロープワーク
imgp1832.jpg   ロープワークの練習  imgp1830.jpg   メカニカルアドバンテイジ(Zドラグ) 
1日目は基本的な練習(スローバッグ、泳ぎ)を中心に終了し、夕食は懇親会を兼ねてのBBQ。 imgp1838.jpg 
imgp1844.jpg  <2日目>2日目は応用編で、Class3の瀬で実際のシュチュエイションを作って練習。まずは川用語の確認。

ピンニング&人が岩に残された想定で実践練習。
imgp1852.jpg  imgp1853.jpg 
都度全員でディスカッションです。 imgp1855.jpg 
最後に、事故が起こってからよりも、事故を起こさないようにというリスクマネジメントを一番に考えようということで2日間を終わりました。こういった練習会が他の地方にも広がって行けば、川での事故も少なくなっていくのではないかと思い、これからもこの練習会を続けていこうと考えております。 imgp1868.jpg