※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
三重鈴鹿・神崎川  赤坂谷沢登り&ツメカリ谷下降
2006年7月29日

遅れた梅雨明けの中、初心者を連れて定番の神崎川に避暑に行ってきました。日中雨も降られましたが、関西・名古屋から近場なのに綺麗な流れの中をシャワークライミングと飛び込みを満喫しました。
(レポート:橋本、金山、写真:宮崎、橋本)神崎川堰堤上の林道 8:40 - 9:00 仙香谷出会い 9:20 - 10:20 赤坂谷出合 10:40 - 11:50 赤坂谷から尾根越え入り口(740m地点) 12:20 - ツメカリ谷合流地点 13:00 - 13:50 神崎川合流 14:30 - 堰堤上の林道 15:50
dsc02249.jpg
 
神戸の夜明け。
神戸は晴れていますが、梅雨前線の影響で鈴鹿は一時雨予報。晴れることを祈って移動。
名古屋組みと合流し早速入渓。晴れ間も見えてくる。皆finetrackのウエアに身を包んでいると、仙香谷出会いで8人程度のパーティーが撥水ウエアに興味深々。finetrackをご紹介しました。

ここで、パドリングジャケット・パンツor雨具上下に身を包みライフジャケット着用の完全装備になる。

ここから、とことんシャワークライム&飛び込みで流れを全て直登です。
dsc02255.jpg
 
dsc02264.jpg
 
dsc02266.jpg
 
dsc02268.jpg
 
dsc02274.jpg
 
dsc02284.jpg
 
大きな淵は、パドルグローブ装着者が泳ぎ、
ゴージュバッグを投げて、後続メンバーを引張ります。これなら初心者も楽チン、先頭もロープを固定して泳がなくて済むので楽で早い。
imgp0111.jpg
 
dsc02296.jpg
 
imgp0130.jpg
 
赤坂谷出合で休憩。
おいしいチーズケーキで体力回復。
dsc02304.jpg
 
dsc02305.jpg
 
さて、まだまだシャワークライム&泳ぎは続きます。
dsc02320.jpg
 
dsc02337.jpg
 
ばらばらと思い思いのルート&泳ぎで登ると、、、
山越えのスタートの740m地点。ゆっくりお昼を食べてから峠越え。
雨も降ってきましたが森の中。
全く影響なし。
dsc02346.jpg
 
dsc02355.jpg
 
dsc02358.jpg
 
dsc02360.jpg
 
尾根からは、比較的良い見晴らしで
南方の雨乞岳が見えます。ツメカリ谷に合流後はまた、飛び込みスタートです。

dsc02363.jpg  前転中です、、、

 

dsc02364.jpg
 
dsc02372.jpg
 
dsc02383.jpg
 
飛び込んでガツガツ下ると直に神崎川本流出合に。ゆっくり遊んで休んで日向ぼっこ。 dsc02391.jpg
 
dsc02388.jpg   遊んで前転

 
dsc02398.jpg   綺麗な水中

 
dsc02401.jpg
 
dsc02408.jpg
 
本流下降はパドルグローブの本領発揮。
出合から始る瀞と淵を飛び込んで滑って流されます。いい避暑になりました。
お勧めのルートです。

晩からアシーズブリッジの
キャニオニングイベントに合流です。
dsc02413.jpg
 
dsc02421.jpg
 
dsc02429.jpg
 
dsc02433.jpg
 
dsc02440.jpg
 
dsc02455.jpg dsc02460.jpg