※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
中央アルプス 木曽駒ケ岳トレッキング(~桂小場)
2006年10月8日

dsc05155.jpg
霧氷で彩られた千畳敷駅周辺
季節外れの冬型のため、剱チンネの転進で宝剣中央稜にクライミングに向かうが、標高2600m以上は氷の世界。諦めて、3段紅葉のローカルなトレッキングを楽しんだ。(レポート・写真:橋本、上野、金山)※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。

1日目: 晴れ山頂霧氷
駒ケ岳ロープウェー千畳敷駅 8:00/11:30 - 12:15 天狗荘

2日目: 快晴
天狗荘 7:05 - 7:35 駒ケ岳 8:10 - 9:45 将棊頭山 10:00 - 胸突ノ頭 10:30 - 胸突八丁信大コース分岐 11:20 - 13:10 桂小場
dsc05189.jpg
樹木にびっしりと成長した氷
<1日目 10/8>撮影を兼ねて秋の3連休でクライミングをしようと当初剱のチンネを計画。しかし、季節外れの冬型で北アルプスは大荒れ・積雪のため断念。

中央や南アルプスは回復が早いとの予報で、宝剣中央稜に向かう。朝一の駒ケ岳ロープウェーに乗って標高2640mの千畳敷駅へ。3連休の観光客でロープウェーは大混雑だ。

下界では快晴の天気も、ロープウェーを下りると、一面氷の世界。北西からの冬型の風でまだガスは晴れそうにない。
dsc05159.jpg
千畳敷カール 中央稜は一番高い宝剣へと繋がる岩場
dsc05187.jpg
取り付き付近もこの通り霧氷が発達
ホテル千畳敷で天気の回復を待つが、一向に回復の気配は見えず。我々のヘルメットを見て、クライマーの従業員の方が声をかけてくれるが、氷が岩の中まで入って天気が回復しても難しいかもとのアドバイス。天気の回復を待てず、とりあえず上に上がろうと昼前に出発。紅葉が霧氷で覆われた千畳敷カールの登山道で高度を上げると冷たいガスの中へ。 dsc05188.jpg
dsc05196.jpg dsc05201.jpg 乗越浄土 発達した氷が道標に 真冬のような天気だ
dsc05209.jpg なにも見えないので、とりあえず天狗荘に入って休憩。
ストーブがついており暖かくハマってしまう。この天気ではクライミングも撮影もできないので、久々に小屋で停滞を決める。ツエルトビバーグプランはどこかへいってしまった。

風は止まないが、夕方には天気は回復。
明日はいい天気になりそう。中央稜はあきらめ桂小場までトレッキングをすることに決定。久々にのんびりした山行きに。
dsc05231.jpg
登山道脇のロープに発達した巨大なエビの尻尾で
ゆっくりお湯をつくる
dsc05226.jpg 発達した氷

dsc05223.jpg
夕方の晴れ間に顔を現す雄々しい宝剣岳

dsc05224.jpg
風は相変わらず強いが夕日前には快晴に

dsc05239.jpg <2日目 10/9>快晴だ。冬型通過で大気は澄み、遠く富士山まではっきり見える。

綺麗な朝日を撮影した後、朝食を食べてゆっくり出発。

dsc05258.jpg
南アルプスから昇る綺麗な朝日 左は伊那前岳

dsc05274.jpg
離れられないストーブを囲んでの朝食

天狗荘から少し登るとすぐに中岳。快晴だが景色は真っ白。
岩領の北西面には氷が発達している。
凄い寒波だったのだ。
dsc05300.jpg

dsc05313.jpg
後ろは中岳 右は宝剣

下りて登り返すと間もなく駒ケ岳2958m。
360度のパノラマの景色は最高だ。温度調整のし易いブリーズラップは、温度差の大きな秋のトレッキングでも風にも強く調子が良い。素肌にフラッドラッシュスキンメッシュ、その上にスパイルフィル、もしくは、ドラウトセンサーで汗にも強く暖かくなる。下には、動きを妨げない軽量のストームゴージュパンツが良い。
dsc05338.jpg
山頂にある駒ケ岳神社
dsc05340.jpg
山頂より馬の背へ 奥には南アの連峰
暫らく景色を楽しんで出発。右に紅葉に染まる濃ノ池カールを見ながら
馬の背の稜線を下る。

途中の巨岩からは、カールから繋がる黒川渓谷が良く見える。早春になれば、山頂から山スキーで豪快に滑れるルートだ。下の藪は大変だが、、、。
dsc05391.jpg
dsc05403.jpg
馬の背
dsc05409.jpg
後ろには木曽駒高原スキー場に繋がる尾根
dsc05439.jpg dsc05438.jpg
八合目から見る迫力の濃ノ池カール。馬の背を下り、緑のハイマツを登り将棊頭山で早めの昼食。

北アルプスや御岳山を見ながら気持ちよい尾根道を下ると、茶臼岳手前に胸突ノ頭へ到着。
dsc05475.jpg 緑のハイマツ帯を将棊頭山へ
dsc05470.jpg
雪化粧している御岳山が近い
dsc05509.jpg
胸突ノ頭、茶臼山へ 奥には真っ白な北アルプス
dsc05540.jpg
胸突八丁
胸突ノ頭からは、胸突八丁の展望のない急な登山道を一気に下る。逆コースは遠慮したいところだ。
2150m付近の分岐は面白そうな信大コースへと取り、更に一気に豊かな森の中を下る。川を渡り、川沿いに下りると車をデポしておいた桂小場に到着。

季節外れの冬型のためクライミングは出来なかったが、快晴の中、三段紅葉とローカルなトレッキングルートを堪能できた。
dsc05554.jpg
信大コース
dsc05564.jpg