※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
白山 境川・ボージョ谷
2016年9月16日

dsc05157_big



白山北方の境川・ボージョ谷は、登山大系中で「渓谷中の渓谷ともいえる絶品」「エキスパートにとっては不足のない非常に楽しめる沢」とまで書かれて絶賛されている名渓だが、記録は非常に少ない谷だ。道の全くない仙人窟岳の藪支尾根に突き上げ、登った後の厄介さから敬遠されているのか。今回、下降は加須良谷を下ることにした1泊2日のプランでトライ。実際、滝また滝の連続で、そのほとんどがきわどく登れて、登りごたえ十分。そして随所にみられる日本離れした大岩壁も見事。素晴らしく楽しめる谷だった。

■コース日程:
9/16:桂湖入渓点(6:40)-ボージョ谷出合(8:15)-大ハング滝下(10:40)-1300m二股(14:30)-1511ピーク西のコル(16:00)-加須良谷1200m二股(17:50)
9/17:ビバーク地(6:50)-950m二股上の滝(8:00)-林道終点(13:10)

■レポート:相川 写真:相川、和田



桂湖から入渓。
境川本谷は、スケールは大きいが難しいところはない。
本流を1時間半ほど遡行して、本流が西に大きく向きを変え、2本目に出てくる谷がボージョ谷。出合いから滝で始まる。
10m前後の突破系の楽しい滝が連続し、すべて直登可能だ。
ほぼ、連瀑といっていい渓相。
地形図上に、3つの滝マークがあるが、どれも大滝だ。これは一つ目の4段60m。右岸から巻くがそれほど難しくはない。
60mの上の15mくらいの滝。2段目がきわどかった。
谷は大岩壁に囲まれ始める。
大ハングを落ちる50m滝(と、登山大系に書かれていたが、間違いなくもっと大きい)
右岸リッジから登り、途中からロープを出して3ピッチで越える。かなりシビアなクライミングだった。実は、詰めと下降を除けばロープを出したのはここだけだが、力量がそろっていないパーティの場合は、かなりロープを出す必要があるだろう。時間は参考程度に。
50m滝の周囲は大岩壁で囲まれた広場のようになっている。素晴らしいところだ。
ほどなく、地図上の3つ目の滝マークだろう。スラブを流れ落ちる40m滝。この滝の上でいったん穏やかな渓相になり、ビバークも可能だ。
いったん穏やかになった後、再び30mクラスの滝。右のルンゼから巻く
その上は、ちょっとしたゴルジュ
詰めは、大スラブになっていて、ブッシュをつないで何とか上る。詰めにスラブ帯が広がっていて、ルーファイを誤るとなかなかシビアなことになりそうだ。
今回、ラバーソールを履いて行った私は、終盤のヌメったスラブにかなり苦戦し、1ピッチロープを出してもらっている。
懸垂2発を交えながら加須良谷に降りて、1200m二俣に良いテン場があった。ただし、初日にここまで入るためには、かなりスピードは必要だ。
加須良谷はスケールが大きな滝。時々大滝が出てくる。決して下り向きではない。
滝の形状が難しく、懸垂支点のセットと回収に気を使った。捨て縄を多めに持っていくとよい。
極力クライムダウンで時間短縮。結構際どいものも多い。
台湾の谷を思い出すような、側壁のぶっ立ち方。
13時ごろから豪雨になったが、間もなく林道終点に帰着。初日に頑張っておいてよかった。




■■■ 使用したウエア&ギア ■■■


トップ:
アクティブスキンロングスリーブ
ラピッドラッシュジップネック
フラッドラッシュジップネック
開発中L5

ボトム:
アクティブスキンタイツ
フラッドラッシュタイツ
開発中L5

スリーピングギア:
ポリゴンネスト4×3
エバーブレススリーピングバッグカバー