※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
東北トリップ7Days
2016年8月6日

20160807_e4b9b3e9a0ade6b8a9e6b389e591a8e9818ae383a9e382a4e38389_ohori2



■コース日程: 2016年8月6日~11日
■コース概要:
DAY1:乳頭温泉周遊ライド
DAY2~5:葛根田川大深沢継続遡下釣行
DAY6:八幡平トレイルラン

キャンピングカーに山道具、釣り道具、沢道具、ラン道具、MTBなどを積んで、一路東北へ!
釣り用の毛バリを忘れて入渓日を1日ずらしたり、沢中にステキなビバークポイントがあれば予備日を費やしたり、
その日の計画も気分次第のひとり気ままぶらり旅。

■レポート&写真: 大堀



今回の核心だった片道1,000km以上のソロドライブ。 ■DAY1
乳頭温泉の周辺に張り巡らされている「新奥の細道」と「ぶなの森コース」をつないでMTBライド。
ぶなの森は清々しく、気持ちのいいライド。1周3時間弱で周れるため、長時間運転で凝り固まった身体に丁度いい運動に。もちろん乳頭温泉にも入泉。 ■DAY2
今回メインの葛根田川に入渓。しばらく歩くと前日まで釣りを満喫していたフライマンに遭遇。本流は釣りグループが前日までにたくさん入っていてスレまくり、あそこの支流は爆釣だったよと教えてもらう。この一言により、今日の目的地が変更となった。
本日の行動時間は3時間。ステキなビバークポイントと、フライマンが残してくれた薪を確保し、食料調達へ。 フライマンが教えてくれた支流は毛バリへの反応が良く、自分で食べる分だけキープ。たき火とイワナ。贅沢な晩餐となった。
■DAY3
本流も魚影は濃いものの、やはり人の匂いも濃い。ポイントでは反応があるものの、腕がいまひとつのため掛かるのはリリースサイズばかり。。。このあと、森の王者の風格たっぷりと優雅に歩くツキノワグマが前方に。シャッターを忘れ、ただただ魅入ってしまった。
葛根田川北ノ又沢を詰め上げ、八瀬森山荘付近に出る。台風の影響で朝から小雨が続き、雲行きもいまひとつのため、八瀬森山荘で午睡。晴れ間が見え始めたので大深沢へと下降開始。しばらくするとバケツをひっくり返したような雨にやられ、少し後悔。
■DAY4
湿気てきた装備を朝陽で乾燥中。気分を一新して、大深沢北ノ又沢を遡行開始!
ナイアガラの滝。
本場は見たことないけど、おそらく負けず劣らずなんだろう。きっと。。。
ナイアガラの滝から上は快適なナメ歩き。すぐに三俣に到着し、ここで泊まらなきゃどこで泊まるというようなビバークポイントを発見。予定変更して本日は行動終了!行動時間は3時間。 ■DAY5
三俣ビバークポイントから上はナメと苔に気持ちをよくし、ときより現れる小滝を快適に乗り越えながら、高度が徐々に上がっていく。
高度が上がれば気温も上がる。源頭部に近づくにつれて、よりにもよって主張を強める太陽。あのまま曇っていてくれれば。。。ラピッドラッシュを着ていることが、まだ救いだった。 なかなかに濃いヤブ漕ぎをクリアし、大深山荘で午睡して、稜線を辿って駐車地点まで一気に下山。工事のため17時以降閉鎖する林道。間に合わずに見事閉じ込められてしまった。。。風呂に入れず、河原で半裸になりナノタオルでスッキリ!
東北最高峰の藤七温泉に気持ちよく入るために、近くの八幡平を3時間ほどランして一汗。藤七温泉は最高に開放的でサイコーでしたッ! 旅の締めくくりは盛岡冷麺。まだ1,000kmの帰路ドライブを控えているので、残念ながらアルコールはお預け。。。




■■■ 使用したウエア&ギア ■■■


乳頭温泉周遊ライド:
シルクスピンコンフォT
クロノコンバーチブルパンツ

葛根田川大深沢継続遡下釣行:
アクティブスキンTボクサー
ラピッドラッシュジップネックタイツ
開発中パンツ
開発中 L5ジャケット
ツエルト2ロング
ポリゴンネスト4×3
ナノタオル

八幡平トレイルラン:
ドラウトエアジップT
シルクスピンムーブボクサー
開発中 パンツ