※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
GW 恒例水上カヤックツアー
2016年4月30日

20160430-0506_minakami_hayashi194


■コース日程: 2016年4月30日~5月6日
■コース概要: 奥利根スノーパーク~JR岩本駅

ゴールデンウィークを利用して関東屈指の急流である群馬県みなかみ町を流れる利根川に行ってきた。
ベストシーズンは谷川岳や大水上山の雪解けが進む5月から6月限定である。そのため水温は非常に低く、低水温に対する服装が必要となる。
コースは全長30kmほどあり、その日の水量や一緒に下るメンバーに合わせてセクションを分けて下ることが可能である。
代表的なセクションは紅葉峡、温泉峡、諏訪峡、銚子橋~月夜野親水公園、親水公園からJR岩本駅である。いずれのセクションも難易度の差はあるが、エキスパートのみに許されたエリアである。

□4月30日(土) 奥利根スノーパーク~月夜野トラックステーション 湯原水位:3.70m
□5月 4日(日) 銚子橋~JR岩本駅 湯原水位:4.40m
□5月 5日(木)  紅葉峡~JR岩本駅 湯原水位:3.40m
□5月 6日(金)  紅葉峡~JR岩本駅 湯原水位:3.10m

本来この時期は湯原の水位計で4mを超えるが、冬の雪不足の影響か4mを超えたのは雨上がりの4日のみであった。
それでも4mを超えると行かなくなる紅葉峡からスタートすることができ楽しむことができた。

■レポート:林 写真:林、友人



★使用したウエア&ギア★
W1:アクティブスキンT
W2:フラッドラッシュジャケット&パンツ
アクセサリー:ラピッドラッシュフード、ラピッドラッシュグローブ

ラピッドラッシュグローブは薄手ながら低水温でもかじかむことなくパドリングすることが出来た!
奥利根スノーパークからのスタート。
運がよければ渓流に生息する野鳥のヤマセミに出会うことができる。
ここから紅葉峡までは簡単な瀬が続き、ウォームアップには最適である。
紅葉峡入り口の堰堤。
捕まると出れなくなるので、迷わず回避!
各セクションの中で紅葉峡が「流速」「パワー」「落差」があり難易度が一番高い。
逃げ場のないゴルジュ帯の雰囲気がたまらない。 紅葉峡入り口からの直線的な流れが唯一くの字に曲がっているセクション。
勢いのついた流れがぶつかっている分一番いやらしいセクションである。ここをうまく越えられると達成感が大きい。
温泉峡は文字通りみなかみ温泉街の中を通っていく。 途中にある巨大ポアオーバーに注意!
温泉峡が終わったところで一休み。
心の通じ合った仲間と一緒におしゃべり。
この時間が好きだ!
紅葉峡に次いで難易度の高いのが諏訪峡である。
捕まると出られなくなるホールが多く、テクニカルなセクションである。
左岸側に遊歩道があり雰囲気は明るい。 観光客も多く腕の見せ所?
諏訪峡を出ると景色が広がり、解放的な雰囲気となる。ここから月夜野親水公園までは難易度は低い。 月夜野親水公園からJR岩本駅までが一番好きなセクションだ。巨大なスタンディングウェーブが100mほど続くセクションが3箇所あり、その他にも刺激的なセクションが盛りだくさんである。
瀬も楽しいが、景色も絶品である。進行方向に赤城山、背後に谷川岳。空が広く、いつまで眺めていても飽きることはない! 来シーズンはたくさん雪が降り水位が例年通りになることを期待して神戸への長い道のりについた。




■■■ 使用したウエア&ギア ■■■
W1:アクティブスキンT
W2:フラッドラッシュジャケット&パンツ

アクセサリー:ラピッドラッシュフード
ラピッドラッシュグローブ