※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
2府3県・2泊3日自転車ツーリング
2015年10月10日

p1040736




■コース日程:2015年10月10日(土)~12日(月・祝)

■コース概要:兵庫県の神戸を起点として京都府、福井県、滋賀県、大阪府の2府3県と瀬戸内海、日本海、琵琶湖をめぐる360km。

■レポート&写真:板倉




神戸を起点にしたロングルートを描けないものか?
秋晴れの三連休に長年の課題へ出発!
最初の目的地は「日本海」。
三田・福知山を経由して日本海の港町「舞鶴」を目指す。
JR福知山線沿いに日本一低い中央分水嶺「水別れ」を抜けるルートならば自転車向きに違いない。
篠山・丹波間の鐘ヶ坂峠は歩道(自転車通行可!)付きの
トンネルであっさり終了。
丹波に抜けると秋の気配。
夕方になるとすぐ日が暮れる。
舞鶴を目指してひたすら北上。
小さな峠が県境。
京都府に突入したもののもうすぐ日没。
ナイトセクション確定・・・。
福知山から由良川沿いに下るだけかと思いきや、案外登り。
真っ暗な国道をライトを頼りに漕ぎ続ける。
日本海まであと3kmというところで、
縁石に突っ込みまさかの前転。
自転車に異常はなく、数分後には無事(?)舞鶴到着。
2日目の最初のひと漕ぎで右ひざに違和感を感じる。
落車した時に右足のビンディングが外れず、
ひざを痛めた模様。
舞鶴港で艦艇を眺めながら、神戸までのルートを考える。
日本海沿いに小浜まで走り、
鯖街道で京都に抜けるのが最短だが
標高差が大きくリスクも高い。
そこで距離は長くなるものの標高差が少ない、
琵琶湖西岸を走って大津から京都に入るルートを選択。
舞鶴郊外を走っていると、
路上に平たいものを見つける。
「スッポン」みたいな形をしてるな~と思っていたら、
ホントに「スッポン」!!
おそるおそる捕獲して、
近くの川に放流。
スッポン捕獲地点から10kmほど走り、
路肩が狭いトンネルを越えれば福井県。
1府2県目に突入。
海沿いの自転車道で日光浴中の蛇を発見。
コイツも捕まえて安全な場所にリリース。
このあとカニも保護。
「小浜のビーチを快走中~」
というシーンをセルフタイマーで撮影。
行ったり来たりを繰り返し、
テイク4でやっと成功。
秋は日本全国お祭りシーズン。
ツーリング中に各地の祭りに立ち寄るのも、
楽しみのひとつ。
小浜で開催中の「食のまつり」で、
エネルギーを補給して峠に備える。
小浜から高島を目指して峠越え。
そして本日2県目「滋賀県」入り。
昔の人が塩漬けの鯖を担いだ道は、
巧みなルート取りで走りやすい!!
ひざが少し痛むもののなんとか琵琶湖。
さっそく西岸を南下開始。
琵琶湖一周中のハイスピードなサイクリストに
コバンザメ作戦でペースは通常の3倍!!
大津につく手前でナイトセクションに突入。
国道1号線を西に向かい、
気づかないうちに2度目の京都府。
東山トンネルの歩行者・自転車用トンネルは
ちょっと不気味。
長い一日のゴールは京都。
風呂につかって汗と疲れを洗い流し、
ひざをしっかりマッサージして就寝。
3日目は早起きして京都駅周辺を散策。
災難去るの猿寺で道中無事を祈念。
ひざ周辺にテーピングをして神戸へ向けて出発。
国道171号線西に向かい、
ついに2府3件目の大阪府入り。
交通量が増えてきて、
走行ラインに神経を集中!
吹田からは国道をちょっと離れ、
いにしえの京への往路「西国街道」をたどる。
車のために造られた道とは違う趣きを楽しみながら、
ゆっくりとペダルを回す。
快適なスピードで市街地を抜けると、
ついに兵庫県の標識!!
ゴールまでもう障害はない。
途中通り雨に降られたもののすぐに止み、
秋晴れの神戸に到着。
きつくなく、楽でもない。
良いルートが引けた充実感と、ツーリングの余韻を楽しみながら
有馬街道の家路をたどる。




■■■ 使用したウエア&ギア ■■■


トップス:
L1:パワーメッシュ ノースリーブ
L2:ドラウトエア ジップT
L4:ニュウモラップ

ボトムス:
L1:スキンメッシュ ボクサー(レーパンのインナーとして着用)
L2:ラピッドラッシュタイツ(レーパンの上に防寒防風タイツとして着用)
L4:カミノショートパンツ