※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
由良川リバーSUP
2015年2月21日

雪融け水の増水で、連日上流の和知ダムがゲート放流して水量豊富。パワー、流速が増し、純粋にダウンリバーのスリルを楽しむベストコンディションの由良川を2週に亘って愉しんだ。
(レポート:三宅 写真:三宅、山原、佐藤)
コース最大の立岩の瀬の少し上流のポイントからプットイン。狭い渓谷に、少し濁った冷たい水が厚く流れる。その強い流勢に感覚を合わせていきながら立岩まで進む。
流れの早い平水面と、2つの瀬の区間を1kmも進まぬうちに、コース核心部の立岩の瀬が現れる。
三段に連なる300mくらいの長い瀬に、危険なホールやポワオーバーなどが点在する。
避けるべき障害物は、ほとんど右岸側に沿って存在するので、ルートは、メインストリームの中央左岸寄りである。意識してルートをキープし続けられれば、何の問題なく抜けられるが、流れが右へボードを押してくるので油断ならない。

立岩の瀬は、隠れ岩などが多く、泳いでしまうと必然的に怪我のリスクが高くなる。面倒でも丹念に下見し、落水した場合も想定したルートの確認を行うこと。
瀬が終わり、見事な偉容を誇示して左岸にそびえるのが立岩。この巨大な石塔は、フリークライミングのポイントとして有名(ルート数は20本前後、5.10bから5.13a/bというラインナップ)である。

立岩を過ぎるとしばらくは、易しい瀬と瀞場が続き、山家発電所と上林川が流れ込む大きな瀞場に出る。
その下が山家の瀬。流れが集まり一気にスピードが増す。中洲で左右に分かたれているが、左岸は浅くて進めないので、右岸がルート。
右岸側は、岸に寄りすぎると倒木に引っ掛かるので、十分に距離を取って抜けること。瀬の最後、流れがコンクリートの塊にぶつかり、いらやしいボイルとエディラインを形作っていて、油断していると落水させられてしまう。
その後、ゴール手前まで特に長い瀞場はなく、様々なタイプのクラス3の瀬がテンポよく瀬が現れて飽きさせない。

後半にある大きな瀬、やなの瀬。この日の水量では、左岸寄りのルートが十分に深さがあってクリアしやすい。
そして最後に現れる、生コンの瀬。流勢の強いドロップ。ここまでの瀬とタイプが違って、対応しきれず、ドロップからエディの流速の差に思わず落水を喫してしまった。
今回の水量は、このコースのダウンリバーに最適であった。日本海側に出ていくこの川の水量の推移は、太平洋側に注ぐ関西の大方の川と全く異なる動きを示す。我々にバラエティーに富む選択肢を与えてくれる、そんな貴重なゲレンデである。

【当日のデータ】
水量:和知ダムゲート放流(少な目)
プットイン:綾部市下替地町北野
テイクアウト:綾部市下赤谷
所要時間:2時間
距離:7.4km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級