※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
三重県中部MTBツーリング
2014年12月13日

寒気が入り北日本から日本海側を中心に大雪予報の中で、比較的天気が良くそれほど寒くはないだろうと、久しぶりに三重県中部の快適なトレールへMTBツーリングに行ってきた。
(レポート:小谷部、写真:小谷部、川口、三ツ股、動画:岸田)
■12月13日(土)
土曜の朝、津市西部の山里の駐車場に9時頃集合。天気はいいが、予想以上に風が強く寒い。いつもより多く着込み9時半過ぎに、まずは1つ目の山へ出発。舗装路からダート林道、最後に少しだけ担ぎ、展望の良いピークまで登る。眺めがよいが、昼には早く寒いので早々に下る。
ピークからは所々倒木等があるも、おおむね快適なシングルトラックの下り。ただし、露岩で急に落ちているところが数ヶ所あるので、スピードの出し過ぎは要注意。
一旦舗装路まで下りた後、さらに尾根を一つ越え隣の谷へ移動し、日当たりのよい道端で遅めの昼食。メインは明日なので、今日は軽めにこの先のシングルトラックを1本下って終了。
■12月14日(日)
翌日の朝、昨日よりさらに南へ35キロ程南下した公園の駐車場に集合。最初の山は遠く、舗装路、林道、担ぎと2時間近くかけて尾根に上がる。
尾根から乗れるようになるが、快適な下りはもう少し先のピークから。一部担ぎも交え10分ほどでピークに到着。

ピークからは快適なシングルトラックが待っていたはずだが、上部の杉林は先の台風の影響か倒木が多くなかなか継続して乗れず残念。
後半は倒木も無くなり、予定通りの快適なシングルトラックを一気に下る。
舗装路に下りたところで近くの食堂で昼食。その後一部シングルトラックを経由しつつ最後の山へ移動。
舗装の激坂。山頂までこの後もう1つ激坂が待っている。
激坂を登り終えると、多少の登り返しがあるも、快適な尾根沿いのシングルトラックとなる
最後の登り返しを終えると、最初の山より短いが、今回一番楽しい下りでフィニッシュ。