※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
大峯奥駈道 大普賢岳 山上ヶ岳 周回
2014年11月22日

秋晴れの週末を狙い、大峯奥駈道のハイライトとなっている大普賢岳、山上ヶ岳を登ってきた。
(記事・写真:佐藤)
■2014.11.22
和佐又口からまずは奥駈道合流地点を目指して、いざスタート。
和佐又のコルから尾根上にしばらく登っていくと指弾ノ窟、朝日ノ窟、笙ノ窟があり、見上げる先は絶壁。
この後、日本岳を経由し小普賢岳へと進むのだが窟を過ぎた辺りからは鎖、鉄梯子、アングルがルート上に次々と登場する急勾配となる。
小普賢岳をさらりと通過し、奥駈道に合流する。せっかくだから大普賢岳山頂にて展望を楽しむことに。明日もこの山頂を通過する予定なのだが。
展望を楽しんだら山上ヶ岳に向け出発。阿弥陀ヶ森へとしばらく歩いていくと女人結界門が待ち構えている。女人禁制の区間へと足を踏み入れる。世界遺産登録されていることで外国人登山者が足を運ぶのを考慮してだろうか、看板には英語でもその旨がきちんと明記されている。
日が当たりにくい北側の斜面には今年降った雪がちらほら。いよいよ大峰でも冬山シーズンの到来を感じさせる。
本日の幕営予定地となる小笹の宿、・・・を通過し本日は更に奥の山上ヶ岳へ。トレーニングがてら荷物はそのまま背負う。
山頂手前では展望の良い区間もあり、天気もイイし、足取りは軽くなる。
山上ヶ岳のお花畑。先ほど登ってきた大普賢岳のシルエットが映える。大峰の景色を楽しんだ後は小笹の宿まで戻り、テントにて静かな夜を過ごした。
■2014.11.23
小笹の宿から結界門辺りまでは苔付いた森となっていて、深々とした早朝に歩くのもなかなか味わいがある。
そんなことを感じながら黙々と歩いていると大普賢岳の手前でガスに囲まれる。予報では天気良かったはずだけど・・・
自分が歩いている山頂付近では雲が掛かっていて、東側の眼下は陽が差している。幻想的な景色を楽しめたから、これはこれで良しとしよう。
国見岳から七曜岳を通過。この周辺も鎖場が多く、その後も無双洞までは急勾配の尾根道を下ることになる。
水廉の滝からトラバース気味に北上するルートをとった後、谷筋からイッキに約150mほど登り返す。ルート上の岩々にはマーキングがしっかりとされているのだが岩場ではない登山道には落ち葉が多く、トレースを見失いがちの区間だ。
和佐又コル手前でいよいよ和佐又山が視界に入るとゴールのヒュッテ駐車場は目前だ。大峰の山々が冬の装いとなる直前に鎖場タップリの修験道歩きを満喫した2日間となった。