※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
大峰 石ヤ塔 第一岩塔「ヒラニア・ガルバ」登攀
2014年10月18日

奈良・大峰山脈を流れる沢登りで有名な池郷川のほとりにそびえ立つ「バベルの塔」、石ヤ塔第一岩塔に数年ぶりに再訪。
石ヤ塔第一岩塔はナチュラルプロテクションのフリールートが何本か開かれ、質の高いマルチピッチクライミングのフィールドとなっている。今回は、石ヤ塔の「ど真ん中」を貫く豪快な看板ルート、「ヒラニア・ガルバ 5.10b」を登ってきた。グレードはそれほど高くないが、ボルトはビレイ点も含めてほとんどないため、確実なプロテクション技術は必要。グレードもかなり辛めに感じるだろう。
(レポート:相川 写真:相川、木下)
アプローチは池郷林道の駐車地から1時間ぐらいだ。池郷川を渡るつり橋から、目指す第一岩塔がよく見える。基部からの高さは150mくらい?
1ピッチ目は、木登りを絡めて登るIV程度の易しいピッチ。
2ピッチ目は、出だしのIVくらいのワイドが結構面白いが、ほぼ木登り。3ピッチ目は、ほぼ歩きで、中間の広場に到着する。
広場から上は、すっきりとした岩が広がる。明るく、ゆっくりしたくなる場所だ。ここに荷物を置いて上を目指す。
技術的な核心は、4ピッチ目のクラックだ。小ハングを越えるところがちょっと厳しい。
いよいよ、5ピッチ目の大チムニー。バックアンドフット、両手足突っ張り等を駆使しながら、まさに塔のど真ん中を登る。
支点が取れそうになく、ボルトが相当上にぽつんと打たれているのを見てビビるが、この部分は難しくはない。
5ピッチ目の核心は、実は抜け口。天井がつかえたところで、外に逃げるのだが、顔の向きが変えられないほどタイトな隙間をすり抜けていき、最後はワイドクラックを直上。
このピッチ、非常に立体的で豪快なピッチで登った人誰もが絶賛するのも納得。この不思議な感じは行ってみないとわからないだろう。
6ピッチ目のすっきりしたクラックを登れば頂上だ。
塔のてっぺんは半畳ほどのスペース。周囲を岩塔群に囲まれた天空の絶景スポット。
2回の空中懸垂を含む懸垂4回で取り付きへ戻る。すごく傾斜の強い壁であることがわかるだろう。
石ヤ塔のルートは、開拓された同人ルーデンスの下記のサイトが詳しい。
http://homepage3.nifty.com/Ludens/index.htm