※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
白山 平瀬道ピストン登山
2014年10月11日

10月の連休にて紅葉の白山を登ってきた。3連休ではあったものの最終日に台風19号が接近するという天気予報により、土日のみ2日間の行程とした。
(記事・写真:佐藤)
■2014.10.11
今回は白水湖側から登る平瀬道を選択。湖畔駐車場に隣接の平瀬登山口からスタート。しばらくは樹林帯歩きが続くが周囲の木々は秋の装いタップリ。景色を楽しみながら登りつつ、まずは通過点となる大倉山を目指す。
今日は快晴、微風。大倉山を通過し、紅葉した木々の間からは時折、白山の御前峰が顔を覗かせる。登るにつれて徐々に展望も開けてくる。
テン泊のため初日は室堂へは向かわず、大倉尾根からそのまま展望歩道へと下り、南竜ヶ馬場野営場を目指す。下る途中には眼下の白水湖と紅葉した斜面の彩りが目を楽しませてくれる。
イッキに下り切り、テン場で昼食を済ませ夕方までのんびり過ごす。なにげにこの時間が至福の時だったりもする。
■2014.10.12
2日目は陽が登り始めた時間帯から行動開始。まずはトンビ岩コースから室堂、山頂を目指す。テン場から少し登り始めた辺りは、ちょうど紅葉のピークを迎えていた。
室堂を経由し山頂の御前峰に到着。今日も快晴で風も穏やか、展望も良い。
最新の天気予報によると台風の速度が遅くなっており、本日の山行には影響が少なそうなので、奥宮で参拝を済ませた後、お池巡りを楽しんできた。
往路と同じ平瀬道を下る。今回、平瀬道を選んだ理由は北アルプス側の展望を楽しみながら歩くことができるからだ。その狙い通りのパノラマ風景が広がっており、大満足の秋山登山となった。