※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
コロラド・リバーSUPトリップ [中編] ~ROAD TO COLORADO
2014年6月9日

コロラド川の川幅いっぱいに広がるGlenwoodのビッグウェーブでリバーサーフィン三昧。
(記事:三宅、写真:三宅)
2014.06.09
この日は終日Glenwood Springsでリバーサーフィン。
コロラド川の川幅一杯に広がるビッグウエーブのバックウオッシュの強い左岸側には主にカヤッカーが、スムースウエーブの右岸側にはSUPやサーファーが陣取り、自然と棲み分けができているのが良い。
午後からマイクTとダン・ガベアも参加して、トップライダーのスキルを間近に見ることとなった。BADFISHから、カスタムメイドのRIVER SURFERを借りて、シェイパーのザック・ヒューの手解きで、スリーシックスティーにもトライ。
対岸の左岸プレイホールでは、カヤッカーがエアスクリューやバンナムといった大技を繰り出している。MTGから流れてきた相当なハイレベルな面子によるプレイは圧巻であった。この夜も引き続きVail泊。
2014.06.10
再びGlenwood Springsでリバーサーフィン。ダン・ガベアからボードを借りてスリーシックスティに再挑戦。2回ともフラッシュされてしまったがスピンは成功した。さらにシャビットも成功。このウエーブにかなり慣れて余裕がでてきた。
夕方になって、長駆Aspen経由のロッキー越えでSalidaへ向かう。
最終日のデンバーまで宿泊することになるSalidaのモーテルにチェックインしたのは夜遅くになってからだった。
2014.06.11
この日は完全オフ。隣町といっても車を飛ばして30分くらいはかかるBuena VistaのカヌーショップCKSを再訪。風邪気味だったので、それ以外は、宿でゆっくり過ごして回復を図った。