※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
北アルプス:前穂高岳北尾根登攀
2014年10月11日

本州に近づく台風19号の進路を睨みながら、北アルプスのバリエーションルート・前穂高岳北尾根を2泊3日で登攀してきました。
今年は紅葉が早く、燃える涸沢は見られなかったけれど、澄み渡った秋空に突き上げる岩稜帯を楽しんできました。
(レポート:神影、写真:神影)
朝6時30分上高地バスターミナルをスタート。青さを増す空の下、新村橋からパノラマコースの分岐へ向かいます。
ここから右へ行けば涸沢、正面は松高ルンゼ。私たちは右手尾根をトラバースして中畠新道へ進みます。
この道は距離は短いけれどなかなかの急登です。
息を切らせて登り続け、ようやく傾斜が緩んだところで奥又への目印の2本の樹が見えてきます。
穂高の瞳と呼ばれる奥又白池に到着です。
風もなく澄んだ湖面は鏡のように前穂高の東壁を映しだします。
ここでビバークしました。
翌朝は快晴無風のコンディション。2ヶ所のザレ場をトラバースして、5・6のコルへ向かいます。
5・6のコルで小休止後、5峰を越えて、4峰へ。ザレた足元に注意は必要ですが、ホールドは豊富で問題はありません。
核心の3峰は最初からロープを出しました。3人ともはじめてのルートなので、慎重にルートを見極めます。
残置支点の多さがこのルートの人気の高さを示しています。この日は台風接近のためか3パーティを見かけただけでした。
槍穂を背負って上る爽快感はこのルートの醍醐味です。
2峰からわずかに下って上り返すとあっけなく前穂の頂上です。写真中央が上ってきた北尾根です。
この日は岳沢小屋に泊まってまったり。翌朝小雨の中を下山しました。