※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
北アルプス・薬師岳バックカントリー
2014年5月1日

GW序盤は、毎年恒例となっている黒部源流エリア、薬師岳へ。
黒部源流周辺は、筆者のもっとも好きなバックカントリーエリアだ。見渡す限りスキー向きの斜面が連なり、無数にラインを取ることができる。しかも、アクセスが簡単ではないために、人でごった返すGWの山としては、格別に静かな山行を楽しむことができる。
(レポート:相川 写真/動画:相川、坂根、家島)
入山は飛越トンネルから。トンネル2km手前で雪に阻まれ、そこから歩行開始。雪が十分あったので、トンネルからは夏道ではなく、すぐ右手に見える尾根に取りつきショートカット
見事な台杉の巨木。
飛越新道はアップダウンの多い道だが、雪の時期はトラバースをうまく使って効率的に進める。寺地山を含め、主要なピークは全部巻いていく。
この日は昼前に雷鳴轟き、大雨となる。当初はこの日のうちに北ノ俣を越え、薬師沢源頭あたりまで行きたかったが、予定変更。北ノ俣の避難小屋泊とした。
翌朝、5時避難小屋を出発
山の斜面に暁の光が差し込み始める。山の時間の中で、最も神々しい、大好きな時間帯だ。
昨晩の風雨の激しさを物語る樹氷。避難小屋泊で正解だ。
北ノ俣を越え、朝靄に見え隠れする薬師岳をバックに、太郎平に向けてまずひと滑り。
薬師岳は、まだまだ先。北アルプス稜線上の一つの山であるが、実にどっしりとして大きな山だ。おいしそうな斜面に囲まれている。今回はどこを滑ろうか。
太郎平、薬師峠を越えて薬師岳の登りにかかる。途中、ライチョウのつがいに会えた。
山頂に向けて、最後の登り
無事登頂。
私はスキーでピークを踏むのは2回目だ。
今回は、山頂からダイレクトにドロップできる東面カールをまずひと滑りすることにした。登り返しの雪庇の切れ目を確認しておいて、いざ急斜面にドロップ。
快適な斜面であった。
目星をつけていた雪庇の切れ目を狙ってトラバース気味に登り返す。最後の急斜面はなかなか際どかった。
東南尾根2855ピークの北西の鞍部より、薬師沢右俣原頭部に再びドロップ。素晴らしく広大な斜面を3人で独占。
雪質は重たい生コンのようなディープな濡れザラメ。細板で来ていたので、かなり苦労させられた。
薬師沢を標高400m分ほど滑り、高度に気をつけながらトラバース開始。ぴったり薬師平南の2420m鞍部に登り返す。太郎平に戻り、1時間ほどのハイクアップで北ノ俣へ。すでにへろへろ。
避難小屋に向けて、標高差600mほど、北ノ俣の西面を滑る。この斜面だけでも、十分にいい斜面だ。
気持ちの良いシュプールを描く。
この日は避難小屋に先客があり、持参したポットラック泊にした。晴天の元、快適な幕営であった。
翌朝は7時発で下山。ピークを徹底的に巻き、シールを貼り直すことなくスピーディに下山することができた。