※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
三重鈴鹿・神崎川 赤坂谷沢登り&ツメカリ谷下降
2007年6月12日

dsc08201.jpg

 

新商品開発テストも兼ねて沢登りへ。いい陽気のなか水遊びを堪能した。※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。

神崎川堰堤上の林道 9:10 - 9:30 仙香谷出会い 10:00 - 赤坂谷出合 11:00 - 12:50 赤坂谷から尾根越え入り口(740m地点) 13:20 - ツメカリ谷合流地点 13:00 - 神崎川合流 15:20 - 堰堤上の林道 16:30
dsc08228.jpg  仙香谷出合いでフラッドラッシュの撥水写真の撮影後出発だ。慣れた沢をいつものように飛び込み&泳いで直登。
さすがに、6月初めでまだ水は冷たい。
dsc08260.jpg  dsc08269.jpg 
dsc08302.jpg  dsc08312.jpg 
dsc08318.jpg  リスクのあるポイントでは、クイックに出せるゴージュバッグで確保しながら。
dsc08327.jpg  dsc08338.jpg 
アプローチに時間もかからないのに、いつ来ても気持ちよい沢だ。 dsc08353.jpg 
dsc08368.jpg  赤坂谷740m地点で昼食。
ここから、尾根を越えてツメカリ谷へ入る。
登りも下りも沢を堪能できるいいルート。ツメカリ谷に合流したら、後はひたすら飛び込み。
本流も飛び込み流れどんどん下って堰堤でゴールだ。
dsc08377.jpg 

dsc08382.jpg

 

dsc08386.jpg 

dsc08388.jpg

 

dsc08402.jpg dsc08424.jpg