※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
加賀・白山バックカントリー
2014年5月17日

西日本の春スキーの定番のフィールド白山へ。登山者でにぎわう主峰の御前峰を外し、大汝峰を中心にスキー向きの斜面をつないで、静かなバックカントリーを楽しんできた。
(レポート:相川 写真/動画:相川、坂根)
前日の夕方に、別当出合までの林道が開通。一之瀬スタートになることを見越して自転車を用意していたが、これでだいぶ楽になった。朝はのんびり出発。
中飯場から、少し上ぐらいで雪が完全につながる。この時期としては、悪くない積雪量だ。
雪がつながってしまえば早い。本日の宿、南竜ヶ馬場休憩舎に4時間ほどで到着。
本日は、どこを滑ろうか。
まずは、2180m鞍部付近からゾロ谷源頭を滑ろうかと偵察に行くが、滑り込んだら戻ってくるのが大変そうだ。結局、そのまま2400付近までハイクアップ、南竜すぐ上の斜面を滑ることにする。
ここもいい斜面だ。ほどよく緩んだフィルムクラストが抜群に滑りやすい。
最後に下部の緩斜面でいろいろな滑りのトレーニングをして終了。
休憩舎は4人で貸し切り。
翌朝、山頂方面に向けて出発。
登山者でにぎわう最高峰御前峰には今回は寄らず、大汝峰を目指す。滑りを考えると、実はこっちの方がいい斜面がたくさん。しかも、人も少なく、他のスキーヤーと遭遇したことがない。今回も登り斜面でトレーニングをしているパーティがあっただけで、貸し切りだった。
大汝峰山頂から、北側の湯ノ谷源頭にドロップ。緩みきっていないフィルムクラストで先落としでのターンの始動が少し難しい雪。軽いジャンプターンが有効だ。
標高を下げるとクラストが緩んできた。軽快に滑る。
トラバースして大汝峰西面へ。広大な斜面だ。標高2350m付近まで
地図と現地をにらめっこ。南寄りに進路を取りながら、面白そうな斜面を物色する。千才谷の上部が、軽いハイクアップで行けて、なかなか良い斜面を楽しむことができそうだ。
20分ほど登ると期待通り素晴らしい斜面が広がっていた。
弥陀ヶ原の標高よりは下らないように気をつけながらトラバースを開始。シールをつけることなく、黒ボコ岩まで戻ってくることができた。そこから甚之助方面を覗くと、急斜面ではあるがうまいこと雪がつながっている。
細い急斜面では一気に回し込むジャンプターンが有効だ。
結局スキーを履いたまま、シールも付けることなく、甚之助避難小屋まで滑りこむことができた。
さすがにそこから先は縦溝もひどく消化試合。ギリギリまでスキーを外さずに頑張った。