※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
奥越・取立山周回バックカントリー
2014年1月24日

まとまった降雪後の快晴。
白山を眺めに、取立山~護摩堂峠周回バックカントリーに行ってきた。
(レポート:西川 写真:西川)
平日であるが駐車場は10台程の車。今日は周回予定の為もう少し先へ移動し、東山橋手前の杉林より取り付く。陽の当らない林の中は前々日のパウダーが残っていた。
ハイクアップで直ぐに汗が噴き出す。アウターは着込まずともニュウモラップで丁度良い。結局最後までこのままであった。
杉林を抜けツボ痕トレースに合流する。スキーでは歩きにくいのでショートカットしながらオリジナルのトレースをつける。やはり自分で痕を残すのは気持ちいい。
振り返ると経ヶ岳と法恩寺山が直ぐ後ろに。眼下では遠く市街地まで見渡せる。
取立山へ到着。山頂より目の前に白山がドーン!今日は雲のかかっていない、その名の通り美しい真っ白な白山が拝めました。数回訪れたが今日が一番奇麗に見えた。
山頂より少し下る。今日は取立山頂に十名程の方が。鉢伏山や胡摩堂へ延ばす姿も見られた。
取立避難小屋の積雪は例年通りでしょうか。残雪も消える頃になると水芭蕉の群生地として多くの登山者が訪れる場所。
こつぶり山から県境尾根の歩きはほぼ平坦で景色を愛でながらジャンクションピークへ。そしてお楽しみ?胡摩堂谷左岸尾根の滑り。山スキーである連れは上手く藪をすり抜けて滑って行くのだが…テレマークの私に藪プラスこのベタ雪は修行。
何度も板をとられて転倒。ん~悔しい…けどこのテレの不安定な自由さが楽しくて!
■所要時間■※あくまで参考とし、余裕を持って行動して下さい。
東山橋(10:00)-取立山(12:00)-こつぶり山 (休憩)-県境尾根・護摩堂峠-胡摩堂谷左岸尾根-東山橋(14:00)
雄大な白山や奥越の山々を見ながら尾根歩きを楽しめるコース。スキー&ボードでは取立山山頂より北面の谷で滑りを楽しむことも可能。