※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
2013年K2遠征その④_キャラバン(ゴレⅡ~K2BC)
2013年6月21日

前の記事:K2遠征その③(キャラバン パイユ~ゴレⅡ)

6/21 ゴレⅡを出発すると、すぐに黒い氷河の上に真っ白な氷塔が現れる。氷塔の間を抜けると、一旦黒い氷河風景に戻るが徐々に白い色が増えてくる。
(レポート:小谷部、写真:栃木K2登山隊2013)
小一時間ほど歩くと、左手にムスターグタワーが見えてくる。
次第に氷河の上に残雪が見え始め、川幅が広くなり小さい氷河湖のような所も出てきた。
めったに見ないが、たまに馬に乗って移動する人もいる。楽そうだか、慣れないとお尻が相当痛くなるらしい。
コンコルディアに近づくにつれ、徐々にブロード・ピーク(8,047m)がその大きな姿を見せ始めるが、逆にゴレⅡで正面にデカデカと見えていたガッシャーブルムⅣ峰(7,925m)は、近づいているのにブロード・ピークの大きさに負け不思議と小さく見えてしまう。
13時頃コンコルディアに到着。実際のキャンプサイトはもう少し先なのだが、雪が残っているため少し手前にテントを張る。そのため本来見えるはずのK2の雄姿がテントから見えず残念。
テントを設営等をした後、みんなでK2を拝みに行く。そこには4年前と同じ姿のK2があったが、今年は雪が少ないように見え今回はいけるとの思いが強まった。

<本日のレイヤリング>
トップス:L1スキンメッシュ+L2メリノスピンライト+L4ヴェロキラップ
ボトムス:L2メリノスピンライト+L4アルパインパンツ
ソックス:L2メリノスピンソックスアンクル
その他:ロゴキャップ、フラッドラッシュEXPグローブ
6/22 朝5時半頃出発。日の出後の出発だが、コンコルディア周辺は高い山に阻まれ日が当らず寒い。また、コンコルディアはガッシャーブルム山群方面から流れてくるアッパーバルトロ氷河とK2方面から流れてくるゴドウィン・オースティン氷河の合流点で、氷河上を流れる川がいりくんで蛇行しており、道も迷路のように分かりにくい。
また、ここからはラッセルもあるかもしれないと、靴をトレランシューズから高所靴に変えるが、ラッセルするほどの雪も無くただ足元が重くなっただけだった。
小1時間ほど歩くと、広く平らな所に出る。メンバーによってBCから見るK2は近すぎで、エンジェルピークも見えるこの辺りから見るK2が一番かっこいいという人もいる。
振り返ると、コンコルディアでは手前の山に隠れ見えなかった、チョゴリサが徐々に姿を現してくる。
11時過ぎにブロード・ピークのBCに到着。ブロード・ピークは既に数隊入山してパキスタンのフーシェ登山隊がC3までルートを伸ばしているらしい。
屈強なフーシェの登山隊。
パキスタン人のみの遠征隊で、スペイン人の援助で作られたフーシェ村の登山学校が主体の登山隊。ここでミルクティーとクッキーを御馳走になる。
※フーシェ村:マッシャーブルムの南側、ゴンドコロ峠を越えてコンコルディアへ至るトレッキングの起点の村
ブロード・ピークBCを過ぎると、氷河上の白い氷塔が増えてくる。
そして、ゴドウィン・オースティン氷河が右へ曲がるサボイア氷河との合流付近にて、女性隊員がクレバスに落ちる事故が発生。ブロード・ピークのBC辺りから氷河上にクレバスが目立ち始め隊員同士で注意喚起していたのだが、クレバスの上に橋のようにかかっていた石に不用意に足を乗せてしまい、その石が崩れクレバスに落下してしまった。幸いザックがブレーキとなったのと、すぐ後ろを歩いていた男性隊員がとっさに手を掴み落下を止めたので大事には至らなかったが、一つ間違えば取り返しのつかない事故となるところであった。
まさかのクレバス落下はあったが、14時20分頃、誰も高度障害で離脱することなく無事にK2BCに到着。BCには他隊の姿はどこにもなく、我々が一番乗りだった。なお、4年前と比べかなり手前にテントを設営しており南東稜へのアプローチが少し遠くなっていた。4年前の場所は起伏が大きくなっており大所帯の我々がテントを張るには少々狭いと思ったのか、先に着いていたキッチンスタッフやポーター達が手前に荷物を置き、テントを設営してしまったからだ。ハイポーターがBCを4年前と同じところまで上げようと言ってくれたが、ここまで荷物を運んだポーターは荷物を置くとすぐに下山して誰も残っていないし、移動で1日~2日無駄にすることはないとBCの移動は諦めた。
その夜、食堂テントから個人テントに戻る途中、ブロード・ピーク方面からの日の出ならぬ月の出に遭遇。キッチンテントの明かりと共に暗闇に映え、明日からの登山活動に向けテンションが上がった。

<本日のレイヤリング>
トップス:L1スキンメッシュ+L2メリノスピンライト+L4ヴェロキラップ
ボトムス:L2メリノスピンライト+L4アルパインパンツ
ソックス:L2メリノスピンソックスアンクル
その他:ロゴキャップ、フラッドラッシュEXPグローブ

⇒登山編(ABC設営)に続く