※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
四国 吉野川リバーSUPツーリング
2013年8月10日

灼熱の日差しの中、澄みきった吉野川にてリバーSUPツーリングを満喫した。まずは山崎ダム下からツーリング開始となった。(レポート:佐藤、写真:佐藤・三宅)
■吉野川 大豊(山崎)セクション 2013.08.10■
リバーSUPツーリング四国遠征として6日間に渡り、吉野川、仁淀川、四万十川を満喫することになるが最初の2日間は吉野川にて、ツーリングを楽しみつつ要所で現れる瀬の攻略に挑む。
コース取りを慎重に瀬に挑むもバランスを崩し、膝をついて落水しないように瀬を抜ける。写真手前側には流れの中に岩が潜んでおり、進路を誤らないようにしなければならない。
緊張感のある瀬を抜けると、吉野川の澄んだ水と景色を楽しみながらツーリングの醍醐味を満喫できる。
水量豊富で瀞場でもほどよく流れがあり、流れに身を任せつつSUPに腰を下ろし、次に待ち受ける瀬までの間、しばしリラックス。
データ■大豊セクション:
水量:早明浦ダム放流60.2-62.3t 豊永0.66-0.74m
プットイン:山崎ダム下
テイクアウト:穴内川合流
所要時間:2.5時間
距離:約10km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級
■吉野川 本山セクション 2013.08.10■
この日、2本目。更に上流へ足を運び、古田分岐までの本山セクションにて瀬下り&ツーリング。
最初の寺家の瀬はスラローム的な要素があり、川幅こそやや広いものの、要所に待ち構える岩の障害物をかわしながらのコース取りが必要となる。常に進路を気にしつつ、目の前の水面の状況にも対応しながら瀬で落水しないにバランスを保つことも求められるポイントだ。
瀞場でのんびり漕ぎながら雄大な景色を楽しめるのもリバーSUPツーリングならではの良さだが、一方で攻略したくなる瀬が次に待ち受ける、そんな絶妙なバランスとなっている。本山セクションは、まさにそんなコースだ。
データ■本山セクション:
水量:早明浦ダム放流62.4-60.4t 豊永0.83-0.88m
プットイン:吉田橋下流右岸
テイクアウト:吉田分岐商店脇スロープ
所要時間:2時間
距離:約10km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:2.5級
■吉野川 大豊(山崎)セクション 2013.08.11■
四国遠征2日目。初日に続き、大豊セクションに再度挑む。
この日も水量豊富。猛烈な日差しとダムの底から流れ出る冷やされた水のバランスが絶妙で、水に飛び込み、つかの間のクールダウンでリフレッシュ。
自然の作り出す造形美を水面から満喫できるフィールド。
ニーリングによりバランスを保ちながら瀬を通過。
プレイスポットとして有名なアドウェーブ。ビッグサイズのウェーブにSUPで挑み見事成功。
リバーSUPツーリングの醍醐味が全て詰まっている四国吉野川を大満喫した2日間となった。