※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
台高・備後川大谷遡行
2013年8月3日

台高・備後川周辺は周囲の山が1000mに満たない低山エリアでありながら、その標高からは想像もつかない大滝やゴルジュを持った沢がいくつも見られる。
その中でも備後川大谷は、発達したゴルジュと滝群を持った出色の谷だ。会社の新入社員を交え、6名で遡行してきた
(レポート:相川 写真:相川・佐藤)
林道にかかる端から入渓でき、アプローチはほぼゼロ。
しょっぱなから腰までつかる淵が待っている。
間もなく両岸狭まったゴルジュに。足が全くつかない深い淵が50m以上も続いている。
右に瀬戸小屋谷を分け、再びゴルジュが始まる。深い釜を持った滝が多い。
大人数の遡行だが、悪場ではしっかり安全確保したい。こんなときはゴージュバッグは便利だ。
プールのような大きな釜をたたえた7m滝。左壁を容易に登れるが、初心者も多いので念のためロープを出す。
さらに、エメラルドグリーンの大釜を持った2段S字状6m滝。
日が差してきて、水面が何とも言えぬ神秘的な色だ。まずは泳いで
一段目を容易に登り、2段目の右壁にハーケンを一本打って越える。
後続をフォロー。ここはしっかり確保したい。
沢が屈曲した先に行きつく暇もなく斜瀑10m。直登は厳しく、左岸を巻く。小さく巻くことができ、その先のナメに降り立つ。
いくつか小滝をショルダー等を交えて越すと、いったん渓相は穏やかに。
間もなく現れる二俣を左に取る。
ゴルジュが続いた渓相から一転、ここからは連瀑だ。
まずは小滝を、三つほどこなすと
前方に大きな滝。全容をとらえにくい滝だが、右岸を巻いて中段テラスに降り立つと、4段70mくらいある滝であることが分かる。
中段テラスは休憩に最適だ。
テラスから先は、左岸を巻き上がる。やがて末広がりの20m斜瀑
この滝は、右壁を快適に登れる。
その先の豪快な20m滝は直登は無理。左岸を巻くが、この巻きは大巻きとなって苦労させられた。
水量はだいぶ少なくなったが、なかなか谷は易しくはならない。
その先の12m滝も悪く、右岸を小さく巻く。
その上の大ナメ滝を越えると、ようやく渓相は穏やかに。
標高750m分岐から、左の枝谷へ。884.9mピークには直接登らず、手前の尾根に上がるが、尾根直前が非常にヤブかった。
尾根に上がってしまえば、杣道が続いている。ところどころわかりにくいため、慎重にルートファインディングしながら林道へ。日帰りの沢としてはなかなか内容が濃く、面白い沢だった。
遡行図を作成しました。(クリックで拡大)