※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
屋久島&種子島 2島一周弾丸キャンプツーリング
2013年7月13日

おなじみの一周シリーズ。
今回はチャレンジ編。

三連休で屋久島と種子島をまとめて2島一周。

真夏の南国で繰り広げられる弾丸キャンプツーリング。
無事(連休明けに遅刻せずに)ツーリングを完了できるのか??

レポート:板倉 写真:板倉・松本
金曜日の仕事を定時に終わり、
自転車と装備一式をかかえて新神戸駅へ。
20時過ぎの鹿児島行き新幹線にギリギリセーフ。

快適な車内でウトウトして、
目が覚めると鹿児島到着。
早いっ!!
今回は一緒に走ってくれる
(けどキャンプはしない)友人と二人旅。

鹿児島駅から駅前の宿に向かう相棒を見送り、
鹿児島本港のフェリーターミナル前で仮眠。

翌朝、フェリーターミナルで合流し
屋久島行きフェリーに乗り込む。
今回のポイントは船の時間。
絶対に乗り遅れるわけにはいかない。

土曜日のフェリーで昼過ぎに屋久島着。
日曜日16時20分の高速船で種子島へ向かい、
月曜日15時20分の高速船で鹿児島に戻る。

地図を見る限りアップダウンがあるのは
屋久島の西部林道と種子島の喜志鹿崎あたりだろうか。
などと考えていたら屋久島宮之浦港到着。
毎度のことながら、
初日はペースが上がらない。
さらに南国の強烈な日差しを遮るものは皆無。

休憩を多めに取り、
ゆっくりと島の景色を楽しみながら時計回りに進む。
島の南部、平内で「海中温泉祭開催中」
という看板が目に留まる。
「海中温泉祭」??
かなり気になり行ってみる。

古き良き日本の祭りを満喫していたら
いい時間になってきた。

もう少しで西部林道だし、今日はここで走行終了~。

本日の走行距離49km。
翌朝早起きして、
まだ誰もいない平内海中温泉で汗を流す。

この開放感がたまらない。
宿に泊まった友人と合流して、
屋久島の秘境、西部林道に突入。

午前中は日陰が多いうえ、
思ったより登りも楽で快走!!、
屋久島名物「やくざる」。
通り過ぎる瞬間にボスと目が合ってしまい
どこまでも追っかけられるはめに・・・。
紺碧の空に白亜の屋久島灯台。
1ヶ月に35日雨が降る島とは思えない快晴。
日陰を見つけて一休み。
ちょっと日焼けが気になってきた。
海沿いの快走路を飛ばし、
昼過ぎに宮之浦港に到着。

まずは屋久島一周完了!!
本日の走行距離64km。
夕方の高速船で種子島西之表港に上陸。
乗船時間1時間足らず。

こんなに早いと移動した実感が無いねぇ。
計算では種子島は屋久島の1.5倍ほどかかるはず。

そして明日15時20分の高速船を逃すと、
連休明けに遅刻がほぼ決定。

日が沈むまでちょっと走っておくか。
夕陽が見たくて反時計回りに南下開始。
中種子市街で宿を取った相棒と別れ、
寝床を探しながら南下を続けることに。

良い寝場所がなかなか見つからず、すでに1時間ほど走行。
陽は完全に落ちて、辺りは真っ暗。

ふと見上げると満天の星空。

「ここでいいか。」

道の脇に自転車を停めて、
隣に座って天の川を眺めていると、
星が消えやがて朝になる。
昨日は種子島上陸後47km走行していた。
案外走ったなぁ。
出発の準備をしているところを、
中種子から走ってきた相棒に無事発見され、
まずは種子島最南端の門倉岬をめざして出発。
昨晩だいぶ稼いだおかげで、
ちょっと走ると門倉岬到着。
まだ明け方なのに異常に暑い。

暑さにはめっぽう弱いだけに、
ちょっと不安。
島の東側は断崖が多く
入り江をつなぐアップダウンが続く。

下りは気持ちいいけど、
上りは・・・。
今回の相棒は上りで離れ、下りで追いついてくる。
多少離れても「そのうち追いつくでしょ。」と思っていたら、
完全にアウトレンジ。

日陰に避難して待つこと20分。
ヘロヘロな友人とやっと合流。
種子島の北側に差し掛かり、
いよいよ一周目前。

暑さでやられそうになりながら
最北端の喜志鹿崎に向けて力走中。
最後の上りを漕ぎあがると、
心地よい風が吹き抜ける高台に
種子島最北端「喜志鹿崎灯台」。

時刻は12時50分。
高速船は15時20分出航。

残りの距離を考えると・・・今すぐ出発!!
真上から照りつける太陽が全身に降りそそぐ。
下り基調と考えていたけど、結構上る。
油断すると離れている相棒。

時間は無いが、このままでは熱中症になってしまう。
僅かな日陰を見つけて小休止を取りながら、
港までの距離を縮め、
14時過ぎに西之表港にゴール。
本日の走行距離111km。

3日間の2島弾丸ツーリングに
付き合ってくれた友人と握手を交わす。
汗を流す間もなく輪行の準備をして、すぐ乗船。

3日分の疲れがどっと出て、
気付くと鹿児島本港到着。

新幹線にすべり込み弾丸ツーリングは予定通り完了!!

結論・・・
「三連休があれば2島一周可能。連休明けに遅刻もしない。」

しかし種子島は楽しむ余裕があんまり無かった。
今度ゆっくり走りにきます。