※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
中央アルプス・越百川遡行
2013年6月30日

6月29日はコアな沢ヤの集まる海外遡行同人の総会に出席。
その明けの日、月にメンバー有志と台湾からの客人を交えて中央アルプス・越百川(こすもがわ)を遡行してきた。
沢登りのイメージがあまりない中央アルプスにあって、越百川はマイナーながら、なかなか見事なゴルジュを発達させた沢。ゴルジュ内の通過にこだわれば、充実した遡行を楽しむことができるだろう。
(レポート:相川 写真:相川・古澤・木下)
伊奈川ダム側に車を回したりしているうちに、入渓は11時半になってしまった。初めのうちは大規模な堰堤工事などが入っていていまいちな渓相
標高850mあたりの両岸迫るあたりから、ようやく美しい渓相に。しばらくは易しい。
ゴルジュの始まりを告げる大釜を持った8m滝。ここは左から巻く
楽しいトユ状の滝を超えた先は
手ごわそうな4mチョックストーン滝。K君が泳いで近づき、滝裏にもぐりこんで奮闘の末登り切る。後続は荷揚げとユマールだ。
続く、下部がハングした12m滝。出だしショルダーから倒木の刺さったコーナー沿いに登り、倒木てっぺんから微妙なスラブを登って突破。
すぐ上の4m滝。奥のワイドを奮闘的に超えなくてはならないか、と考えたが、メンバーの一人の発案で二人が2段に立ちこんだ上にさらに人が乗って超える人間脚立でみごと突破。
その先も釜を泳いで取りつく滝が続き、嫌というほど泳がされる。水が非常に冷たく、それ相応のウエアで挑まないとかなり厳しいだろう。
こいつは見た目以上に悪かった。水際でバタバタもがいてなんとか這い上がる。
再びトユ状。この上にもう一つ滝があってゴルジュは終了。
出だしが遅かったため、6時近くになってしまった。
日が長いので、少しでも距離を稼ごうと河原をそのまま歩き続ける。すると地図にない取水施設が。
その上はちょっとびっくりするほどの水量アップ。この水がゴルジュ内に流れていたら、手も足も出なかったな。
1097m二俣手前で快適なビバークサイトを見つけることができた
2日目は標高差1500mを上げる長丁場だ。朝5時半にはテン場を出発。
出発早々にゴルジュが始まる。膨大な水量を叩き落としており、ゴルジュ内の突破は問題外。でも弱点が多く、通過自体は簡単だ。
水量が多く、なかなかの迫力。渡渉は気を使う
上部は難しいところはないが、花崗岩の白さと、ナメ滝が多いきれいな渓相だ。
標高1700mを過ぎるあたりから、両サイドからの支流がどんどん滝となって流れ込んでくる。なかなか見事だ。
最後は急峻なガレ場を400m一気登りで越百小屋を目指す。一部雪渓も残っていた。
ツメの部分が、ほとんど砂の壁でヤバヤバ。最後は横っ跳びランジで草つきに飛びついて突破。ロープで後続を確保。
藪こぎはゼロでダイレクトに登山道。越百小屋はすぐそこだった。