※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
南会津 会津駒ヶ岳~大戸沢岳BCスキー&ボード
2013年2月9日

南会津は会津在住時によく滑りに行ったが、その中でも会津駒ヶ岳の北隣りの中門岳は日帰りするには少し遠いため、ラッセルを強いられるこの時期はごく一握りの人しか入らない。そんな中門岳のパウダーと今や南会津で定番となってしまった大戸沢岳の大斜面の滑りを楽しむべく、3シーズンぶりに神戸から車で片道約800キロもの長旅を決行した。
(レポート・写真:小谷部)
車を1台、下山予定の小豆温泉に置き、会津駒ヶ岳登山口から登り始める。
Co1600付近まで先行パーティーのトレースを使わせてもらい楽をするが、ここからラッセルでCo1700付近まで登る。出発時間が10時過ぎと遅かったこともあり、このまま山頂まで登ると滑る時間が無くなるのでここで雪洞を掘り、南斜面を沢底まで一滑り楽しむ。
今夜の宿。
4人用を約2時間で完成。
翌日、主稜線上は風が強くガスって視界が利かない。地図、コンパス、GPSを駆使して山頂から中門岳を目指してシールを外さず慎重に進む。予定では中門岳から御神楽沢へ滑るつもりだったが、天気が悪いので手前のP2094東尾根を御神楽沢へ滑る。なかなかのパウダーで快適。この時期ほとんど人が入らないエリアで、これで天気が良ければサイコ―のロケーションだったのだが残念。
C1750の左俣を左岸沿いに少し登ってから大戸沢岳北西の尾根に取り付き登り返す。こちらの尾根も滑ったら快適そうな針葉樹の斜面で余裕があれば滑りたかった。
大戸沢岳からは定番の嫁郷へ下りる南東尾根の上部大斜面を滑る。真っ白で視界が無いのが残念だが、いつものように快適なパウダースノーは堪能できた。
また、出来れば今日中に三岩岳まで行きたいので、登り返しを楽にするため荷物の一部をデポする。
傾斜の緩くなるC1650付近まで滑ると、いつの間にか時刻14時を回っていた。時間的に暗くなる前に三岩岳は無理だろうと、ここで泊まって明日嫁郷に降りることにするが、荷物を上にデポしているので登り返さなければならない。ついでに、メンバーの一人がこの滑りでスマホを落したようで、荷物回収がてら探しに行く。
荷物を回収したところで、落すならここが一番可能性が高いと滑りの準備したところを探す。10分ほど探したが見つからない。ここじゃないのかと諦めかけた最後の人掘りで奇跡的にスマホ発見。再びCo1650付近まで滑り雪洞を掘る。
最終日。一晩中降り続いた雪で、さらに10cm以上の新雪が上積みされる。今日は下りるだけだし、昨日の大斜面もリセットされただろうと再度稜線まで登り一滑りしてから下山開始。Co1650から下は上部のほぼ無木立の真っ白な斜面とは打って変わってブナ林の気持ちい林間の滑り。個人的にはこちらの滑りの方が好きだ。最後までパウダーを堪能し、嫁郷に降りたところで丁度やってきた路線バスに飛び乗り車を回収する。