※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
八ヶ岳 阿弥陀岳北陵
2012年12月15日

2013年カラコルム遠征予定メンバーの親睦と打合せを兼ねて、年末の阿弥陀岳北稜を登ってきた。
(レポート/写真:小谷部)
前日は雨模様のためテント内で宴会だったが、本日は赤岳もよく見える最高の登山日和。
阿弥陀岳北稜へのアプローチは先行パーティーのトレースがしっかりと付いており、ラッセルも無く灌木交じりの雪壁を登り岩稜の取り付きへ上がる。
今回は人数が8人と多く、ロープワークの確認がメインのため、岩稜は末端から直登せず左側の登りやすそうなところを狙ってロープを伸ばした。
後続は本番を想定し、フィックスしたロープにアッセンダーをかけて登る。
2ピッチ目出だしの壁。1ピッチ目同様、トップがフィックスしたロープにアッセンダーをかけて登る。やせた岩稜を過ぎた先でロープを解き山頂へ上がる。
山頂では偶然にも北西稜を登ってきた福島の知り合いと遭遇。写真を取ってもらい早々に山頂を後にするが、テント撤収や高所を意識した?のんびりペースのため、最後はライトを点けての下山となった。