※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
東海北陸 リバーSUPトリップ
2012年7月14日

梅雨末期の大雨を見逃すまいと、三連休を利用して北陸から東海へぐるりと移動し、手取川、宮川、長良川と珠玉のダウンリバーを満喫した。(レポート:三宅、写真:三宅)
1日目は北陸自動車道を北上、石川県の手取川へ。
下見をしながらこの日下るコースを決める。
狭いゴルジュに何本もの細い滝から水が降って来る風光明美な手取峡を下りたかったが、水量不足で断念。
そこから下流のバードハミング鳥越をプットインし、下流の天狗橋までの中下流コースとした。
それでもコースのうち2/5ほどは発電取水の為か水深が浅い。
落差がある瀬がいくつもあるが、狭いルートを岩の間を縫って行かねばならず、ボードが岩に張り付いてしまい危険な状況になってしまう。
釣り師もそれなりに居たため、所々でポーテージも交えてつつ進む。
前半のハイライトである猿飛の瀬は、2m程のスロット状の滝であるが水深不足でポーテージ。
そして大きく綺麗な天然の岩アーチ「夫婦岩」が現れる。
更に浅い区間が続き、やがて本流が直角に曲がった不思議な淵が現れる。
そのすぐ下流にレンガ造り発電設備の放水口から多量の放水がある。
一気に水量が倍以上になった早い流れの中、大きな三角波の瀬が現れる。
それ以降は、豊富な水量の瀬と瀞場が交互に現れる。
流速は非常に早くて、流れのパワーに翻弄される。
激しい瀬をなんとか乗り切っても、出口の強烈なエディラインやボイルでバランスを崩され落水することもしばしば。
川幅が一気に開けて橋脚絡みの瀬を過ぎると、瀞場の先に堰堤が現れる。
大きな中洲の左側を通り堰堤の左岸に取りつく。
堰堤の魚道の上を歩いて使ってポーテージした。
堰堤直下の大きな瀬を抜け、道の駅「しらやまさん」へ到達。
道の駅前の快適な瀬は、釣り人に配慮してポーテージ。
また、その下の国道のバイパス橋下のシュートは、ドロップの中央に鉄筋が長く突き出しており、ここもポーテージ。
そこから先もまだまだ瀬が断続的あり、締めにゴール地点の天狗橋手前の大きな瀬までしっかりと楽しませてもらった。
【当日のデータ】
水位:鶴来-1.87~-1.89m
プットイン:バードハミング鳥越
テイクアウト:天狗橋手前右岸公園
距離:約8.5km
所要時間:4時間
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級
2日目は、富山から山中へ入って行き、神通川上流の岐阜県内、宮川へ向かった。
大雨の影響で、毎年雪解けの増水時にカヤックで訪れる水量である。
普段カヤックで下るのは、旧宮川村から高原川合流までの、水量によってクラス4以上になるハイレベルな区間である。
SUPで下るには今日は水量が多すぎるので、さらに上流へ探索する。
打保ダムから下の区間が、距離・水量共にSUPでもなんとか行けそうだ。
ダム直下の激しい瀬を避け、その下からプットイン。テイクアウトは、打保集落の手前、打保発電所のバックウォーター手前までとした。
流速が非常に早く、漕ぎなれた関西の川とは比べ物にならないほどであるが、大きなドロップや滝はなくて勾配は比較的一定である。
長く三角波にホールやポワオーバーのある瀬が多く、カーブでは強い反射波が待ち受け、バランスを保つのに苦労する。
見通しは悪い瀬もあるがスカウティングとポーテージは容易である。
核心部は、女童子トンネルから大瀬トンネルまでの区間。
大きな瀬が3つあり、橋脚絡みや連続ポアオーバー、崖にぶつかる強い流れなど、全く気が抜けない。
その区間を越えても更に瀬が続いて、スカウティングを要する難しい瀬もある。
やがて景色が一気に開けて、ゴール地点に出る。
今日の区間はほとんど道路沿いで渓相としてカヤックやSUP向きといえそうであるが、流れが非常に早く、瀬の間隔も短いので、障害を回避するには漕力と相当なスキルを要する。
チャレンジした2名とも、瀬ではほとんどニーリングを強いられ、それでも落水することが多かった。
【当日のデータ】
水位:大沢野大橋2.30m、古川大橋0.26m
プットイン:打保ダム下約500mの民家裏スロープ
テイクアウト:打保谷流れ込み養魚場脇入川道
距離:7.5km
所要時間:2.5時間
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3.5級
3日目は長良川。2日目のダウンリバーを終えて、予定していた飛騨川は一向に水位が下がらない。協議の結果、長良川に移動してきたが、その夜も雨で、翌日の水量が危ぶまれた。
コースは郡上八幡の吉田川合流から高砂ふれあい広場までの区間。
天気も良く、下ってみれば増水で瀬の落差や障害物も適度に埋められていて、瀬は長く適度にスリリング。釣り人も、まだほとんど戻ってきておらず、SUPには快適この上ない。
前回苦しめられた浅瀬も程よく水が被り調子良く下れ、前回の渇水ダウンリバーでの悪いイメージも一掃。
前回ポーテージのコンクリート塀の瀬も問題なく通過。
オーナー針の長い瀬とたちたちの瀬を過ぎしばらく進み、左岸に中華料理店が見えると相戸の堰堤に到達。この日は左岸からポーテージ。
三段の瀬は長くスリリングだ。下段は流れが右岸側の壁にぶつかり、エディが強く巻いている。
スケボーの瀬、円空の瀬を過ぎる、ゴールのふれあい広場前も今日はしっかり瀬になっていた。
コースの核心は、オーナー針の瀬と堰堤を挟んでその下の三段の瀬となる。
2つともルートを取るために全力でパドリングする必要があり、ホールやポアオーバを避けると、反射波やボイルにボードが食われる、下りきった時には脚がパンパンになってしまうほどの非常に長い瀬である。
その他にも下り応えのある瀬が沢山あり、何度もニーリングを余儀なくされた。
【当日のデータ】
水位:美濃0.78~0.70m
プットイン:吉田川合流
テイクアウト:高砂遊遊ふれあい広場
距離:11km
所要時間:3時間
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3.5級