※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
三重櫛田川赤桶セクション リバーSUP
2012年6月23日

梅雨と台風が合体した大雨により増水の櫛田川。前回と同じ赤桶セクションを前回より多い水量で挑戦した。(レポート:三宅、写真:三宅・板倉)
田引堰堤から少し下流の沈下橋でプットイン。
すぐに2級プラス程度の瀬が続くが、この日は流れが速く、息つく行きつく間もなく前半の核心に到達。
たて続けに3級程度の瀬が3つ程続く。水量は違うものの前回スカウティングもきっちりやって下ったので、瀬の様子やラインはわかっている。
主に右岸側に時折現れるアンダーカットロックのほうに行かないスキルさえあれば、比較的安全かつスムーズに下ることができる。
道の駅飯高駅を通過ししばらく瀞場となる。
そして、唐突に現れるのがコース最大・後半核心の弁天の瀬である。
序盤に三段のストッパーウエーブ、中段中央の大岩が流れを分けて、水を一気に集めて下段のシュート「弁天ホール」に注ぎ込む長い難易度の高い瀬である。
上段は大事を取って右ルートでサンファンウエーブを回避、中盤の大岩の左のホールを回避しつつ左岸のエディを取りに行くものの取り切れず、諦めて右岸に転針し、加速して弁天ホールに突入。ホール右肩のバックウォッシュをギリギリ掠めて抜けている流れをつかんでこれを突破。ホール下の荒れたボイルで落水してしまったものの、いいラインで下りきる事ができた。
弁天の瀬からゴールまでは、穏やかな2級程度の瀬が続く
前日までの危険な水量からは随分落ち着いていたが、味噌を溶いたような透明度で水中は全く見えないので、水面の波紋で中の様子を推測しながら障害物をかわしていく必要がある。また、スタートからゴールまで2つの沈下橋を通過するがいづれも、水面から危険な高さで必ずポーテージが必要。時折スキルがあれば回避可能ではあるが、アンダーカットの岩壁も現れるので、中上級グレードと言えるが、SUPフレンドリーな川であるといえる。
【当日のデータ】
水量:田引0.74-0.62m
プットイン:赤桶堰堤下沈下橋
テイクアウト:向粥見のスロープ
所要時間:4時間
距離:約12km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級