※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
九州ほぼ一周ソロキャンプツーリング
2012年4月28日

春の陽気に誘われて、自転車旅に出かけました。
博多を出発して反時計回りに九州を周り下関を目指す
1週間の気ままなソロキャンプツーリング。
(レポート・写真:板倉)
神戸から博多までは夜行バスで輪行。
早朝の博多駅前で出発の準備を整え、
7時にゆっくりと漕ぎ出す。
九州最初の峠は坂本峠。
まずは佐賀県を目指す。
坂本峠はゆるーい登りが延々続く。
ひさびさのキャンプ装備は
まだ慣れていない体には結構こたえる。
何も考えず漕ぎ続けること1時間。
ついに峠を越える。
そしてきっつい登りの後には
高速コーナーが続く快適な下り。
初日はたいして距離が伸びないだろうと思っていたが、
なんと福岡・佐賀・長崎3県制覇。
天気もいいし順調そのもの。
堤防道路で諫早湾をショートカット中。
ちょっと観光 in 島原。
掘割のある小道に石垣に囲まれた武家屋敷が立ち並ぶ。
旅先に風景は欠かせません。
もちろんグルメも。
この日は道の駅に軒先を借りて一泊。
2日目は雲仙岳を見ながら出発。
昨晩はよく眠れたのでペダルも軽い。
ゆるーいアップダウンの連続を
快適なスピードで走り抜けていく。
島原半島南端の口之津港から
フェリーに乗って天草鬼池港に上陸。
天草上島を南下していく。
本渡で出会った地元サイクリストおすすめの県道26号線。
平和な海岸線をのんびり走る。
アップダウンの少ない快走ルート。
海岸好きにはたまらない。「☆☆☆」
天草上島南端の牛深港からまたフェリー乗りま~す。
船内でウトウトして目覚めるとそこはすでに鹿児島県
長島に上陸していきなり見えたのは急な登り坂。
どこか楽なルートは無いかな?
結局ほかにルートはなく、
延々と続く急なアップダウンをこなしていく。
途中、サバの刺身を堪能しつつ長島を南下。
路側帯がなく歩道がミョーに狭い
黒戸瀬戸大橋を渡って九州本土に上陸。
国道3号線に入りしばらく走ったところで雨が降り出したため、
2日目は早めに切り上げ阿久根で終了。
道の駅のご好意で軒先一泊。
3日目は朝から雨。
しかも強烈な向かい風。
下り坂でも漕がないと全く進まない。
これは・・・アウェーの洗礼??
昼ごはんは絶対に枕崎でカツオを食べる。
ただそれだけを考えて我慢のペダリングを続け、
ちょうど12時に枕崎到着。
出発前にリサーチしたお店で、
カツオ丼を満喫してエネルギー充填。
またまた向かい風のなか指宿を目指す。
開聞岳は雲の中。
指宿から最終のフェリーに乗り込む。
相変わらず風が強く、けっこう揺れたが船内で爆睡。
気づくとすでに錦江湾を横断し大隅半島根占港に到着。
夕暮れが迫るなか、大隅半島横断開始。
登りはきついだろうか?
そして今日はどこまで行けるかな??
夕方から雨が降り出し、夜には本降り。
雨を避けられる場所を探していたら、
けっきょく大隅半島を横断してしまった。
雨は朝には止んだものの怪しい雲行きのなか4日目スタート。
一日一回どこかで昼寝。
今日は県境の静かな無人駅で15分ほどウトウト。
もうすぐ宮崎県。
今回の目玉の一つでもあった日南海岸は薄曇り。
この後、まさかの雨・・・。しかも本降り。
予報によると明日も雨の模様。
今日はできるだけがんばって、
後半の日程に余裕を作っておこう。
というわけで雨の中を日向まで力走。
グルメは旅に欠かせない。
ずぶ濡れのチャリダーを快く迎えてくれたお店で昼食。
おいしい料理にごはんを2杯もおかわりしてしまった・・・。
ん?アウターが見当たらない??
と思ったら、食事のあいだ
お店の方が干してくれてました。
ありがたや~。
「☆☆☆☆☆!!」
5日目は朝から雨。しかも結構降っている。
しばらく停滞も考えたが
2個の峠越えの予定なのでひとまず出発。
一つ目の峠は緩やかな登りで、正直ラクな部類。
峠のトンネルを抜けると大分県。
大分県側は急な下り。
装備で重くなった車体はブレーキの効きも悪い。
ブレーキレバーをしっかり握り慎重に下っていく。
やがて海岸線。
複雑な入り江が続く。
2つ目の峠越え。
たいそう登ってきたもんだ。
あとは下るのみ。
気づいたら雨はとっくに止んでいた。
5日目は佐伯で行動終了。
6日目はずっーと海岸沿い。
明け方は雨だったが、
午前中には回復する模様。
なんとなく国道をはなれ小径を走っていて
出会った風景。
気ままな旅にはサプライズが欠かせない。
久しぶりの晴れた空。
それに透明な海。
ほんっと、来て良かった~!
「☆☆☆☆☆!!」
やたらと対向車線に自転車が多いと思っていたら、
杵築で公道エンデューロ大会をやっていた。
あんまりバテバテだとかっこ悪いので
涼しい顔で本気走り。
大分から大分空港まで一気に走り抜け、国東半島に突入。
遠くに見えるのは姫島かな?
今日も道の駅に軒先をお借りします。
ツーリング中の夕飯はほぼ自炊。
今日のメニューは
玉ねぎカレーに玉ねぎサラダ。
玄米100%ご飯にさつま揚げ。
デザートはデコポン。
7日目の日の出。
地図で距離を計算してみると
下関までたった130kmであることが判明。
昼過ぎには着けるかな?
国東半島を周り、国道10号線を北上。
ついに福岡県突入!!
福岡に入り青看に下関という文字が出始める。
下関の案内に従って走っていくと、
やがて目の前に料金所が現れる。
関門トンネル門司側入り口。
どうやら自転車が通れるのはここではなく、
人道というものらしい。
人道はたぶんこっちだろう。
と適当に漕ぐこと10分。
人道入口を発見!
しかしなぜエレベータが・・・?
人やら自転車やら原付やらがつぎつぎ入っていく。
どういう仕組み??
よくわからないまま、
とりあえずエレベータに乗り込んでみる。
エレベータを降りて、
下関の表示に従って人道トンネルへ。
なんとなく仕組みが理解できた。
ちなみに人道内では自転車は下車。
自転車に乗るとすぐにスピーカから怒られるシステム。
人道を抜け、再びエレベータに乗って下関に上陸。
あぁ、ゴールに着いちゃった。
ゴールしたら涙でも出るものかと思っていたが、
無事ついた安堵感で喜びも感動も忘れ、
ただただ対岸の九州を眺めてしばらく放心。
今回のツーリングでは心が何度も折れそうになった。
そんな時に車窓から応援してもらったり、
差し入れを手渡されたり
軒先を貸してもらったりと
行く先々の方に数えきれないほど支えられ、
そして愛車も一度のパンクさえせずに頑張ってくれた。
おかげさまで無事完走。
「皆様、ありがとうございました!!」
■九州ほぼ一周ソロキャンプツーリング■
期間:4月28日~5月4日(6泊7日)
距離:1135.98km
自転車:シクロクロスツーリング仕様