※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
但馬・氷ノ山ネジレ谷~不動滝
2012年2月12日

氷ノ山から流れ出す八木川は、源流域にいくつか大きな滝をかけ、沢登のフィールドとしても人気が高い。
そんな滝の一つ、不動滝は弊社代表の金山がかつて氷結した時期に登っており(初登)、「なかなか面白い滝だった」という話を聞いた。
近年、アイスで登られたという話は全く聞かないが、厳寒のこの冬なら、凍っているかもしれない。加えて、この滝の上流部はスキーのコースとしてお気に入りの「ネジレ谷」でもある。スキー+アイスクライミングで、2度おいしい企画を狙って、ハイシーズンに訪れてみた。
(レポート:相川 写真:相川、橋本、小谷部)
スキーとアイスクライミングの装備を詰め込んだ、ちょっとした泊まりツアー並みのサイズのバックパックを背負って出発。まずは、氷ノ山国際スキー場トップから、流れ尾をたどって氷ノ山山頂を目指す。
流れ尾への取り付きは、雪庇が大きく発達し、切り崩しに時間がかかった。
この尾根は、2か所ほど急斜面の難所がある。最初の急斜面は、スキーをはずし、氷化した斜面をヒヤヒヤしながら通過。その先は、展望の気持ちいい尾根歩きだ。樹氷が美しい。
2つ目の急斜面は、雪がしっかりとついて難なく通過できた。そのころから、次第に視界が悪くなってくる。
視界はほとんどなかったが、慎重に読図し、山頂手前でネジレ谷側にトラバースしてまっすぐ山頂を目指す。途中、ピットチェックを入れる。
僕らが到着後、続々と他のパーティも到着。山頂小屋はにぎわっていた。
まずは、最初の楽しみ、山頂からネジレ谷にドロップ。ネジレ谷を訪れるのは初めてであったが、北面であることも手伝って期待にたがわぬ最高のパウダーだ。以前3月に訪れたときは、小さな滝が出ているところもあったが、今回はきれいに埋まっていて難なく通過できた。急斜面が多く雪崩には十分な警戒が必要だが、実は2月のほうが快適なツアーができるかもしれない。
パウダー!パウダー!
あっという間に、標高差600mほど滑り下りた。次第に傾斜が緩んでくると、滝場も近い。
地形図上の「不動滝」マークの地点に到着。地図が違うのか、僕らが勘違いしていたのか、これまで「不動滝」と認識していたものよりもっと上流側にある滝であるようだ。
それより、問題なのは…全然氷結していないことだ。水がザーザー流れ、登るどころではない。
氷ノ山でのアイスクライミングというのは、今の時代では難しいことなのか。
この滝は、滝の脇を何とかクライムダウン。ロープは出さずに通過できた。
その先は、ゴルジュ状が続く。谷底はしっかり埋まって、通過には問題がない。やがて、前方から大きな水音がして、広い空間の上に飛び出した。僕らが考えていた、「不動滝」に到着。やはり、氷結はしておらず、登るどころの状態ではなかった。
ここは、ロープなしではとても降りられない。スラフがガンガン落ちてくる中を懸垂下降で滝下に降りた。
アイスクライミングは、残念ながらできなかったが、この区間をスキーで滑ることもなかなか貴重な体験。概ね問題なく通過できたが、下部の夏には大きな釜になっている部分の通過が、やや際どかった。
最後は林道に出て、駐車場まで滑って行くことができた。このルート、下部の滝場はとてもスキーコースとしてはお勧めできないが、不動滝上までは極上のツアールートだ。現状は、そこから氷ノ山国際スキー場まで登り返すのが無難だが、いずれ下までつないでも面白いルートを探ってみようと思う。