※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
但馬・扇ノ山(菅原から東面)で季節外れのパウダーを楽しむ
2012年4月1日

兵庫県北部と鳥取にまたがってそびえる扇ノ山は、標高こそ1300mそこそこしかないが、隣の氷ノ山と比較しても不思議なほど積雪が多く、GWごろまで残雪を楽しむことが可能。
北側の上山高原からアクセスされることが多いが、一番スキー向きの斜面を持つのは東面。今回は、東の菅原よりダイレクトに東面を登るルートを試してみた。
豪快に滑れる区間は短いが、複雑なルートファインディングが必要で、変化に富んだ楽しいコースであった。
(レポート:相川、写真:相川、東川)
4月の兵庫県、しかもまだ麓とは信じられないほどの積雪 岸田川沿いに登り、左岸の尾根に取り付けないか探るが、渡渉困難で断念
左手の斜面を林道をかすめながら登る。まずまず疎林で下りも滑れるだろう 標高1000mにも達していないが、積雪3mは優にありそうだ
林道はところどころ急な法面になっており、慎重に通過 960ピークに突き上げる沢に入る。今回は問題なかったが、このルートを取れるかどうかは、積雪量にかなり左右されるだろう。
適当なところから、右手の台地状の地形に向けて急斜面を登る 畑ヶ平の廃村と広大な雪原。視界の悪い時は注意を要する
東に延びる広い尾根沿いに登る。斜度は緩いが、気持ちの良い針葉樹の疎林。 ゆるい沢を横切り、山頂東面にとりつく。ブナの巨木が美しい
雪質は少々重いがパウダー。滑りへの期待が高まる 山頂避難小屋に到着。この日は僕らの貸し切りであった
お楽しみの滑走。山頂からダイレクトに東側の斜面に滑りこむ 適当なところで、北に向かってトラバースし、登りのルートを戻る
下部はドロドロの雪だったが、十分滑りを楽しめる。 すっきりと車に戻ることができた。