※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
美濃長良川支流板取川と吉田川ダウンリバー
2011年4月24日

美濃長良川支流板取川と吉田川ダウンリバー
新緑豊かな美濃地方へ。春の豪雨の恩恵を受け増水した長良川支流の板取川と吉田川へ向かった。(レポート、写真:三宅)
2日前から続いた雨で長良川本流は茶色く濁っているが、支流の板取川に入ると増水のため多少の濁りはあるが透き通っている。
格好の水量を求めてわざわざ遠くに行くのに1本だけではもったいない。メンバー協議の上、いつにない早起きで、板取川の紫陽花セクションと吉田川の2本目を設定した。
1本目の板取川。前々から話には聞いていたが下るのは初めてである。早起きの成果で午前8時過ぎには漕ぎだす。
スタートするとすぐ瀬が始まる。日高川鳴滝セクションに似たやや開放感のあるゴルジュで、曲がりくねって高度を落としつつ見通しの悪い瀬を形成している。
流速が早く、テンポ良く進んでいき、あっという間に核心部に到達する。
核心部は南紀によくある「~の滝」という名がつきそうなくらいの、長さ200mほどの間の詰まった落ち込みである。
最後の最後は左ルートでクリアするが、ボトムホールが強烈なキーパーで要注意。同行の2名がそこで餌食となり、一人は沈脱してしまったが、後ろに瀞場が控えているのでそういう意味では「問題ない」場所ではある。
短い距離にホワイトウオーターの醍醐味が詰めこまれたショートセクションである。
2本目の吉田川。道の駅の裏庭が河岸と繋がっておりそこからプットインする。
しばらくは肩慣らしにちょうど良いクラス3の瀬。2kmほどいくとダムと言っていいほどの大きな堰堤に出る。
左岸からポーテージしてすぐ直下の瀬の次が核心部。
一気に下りきると、ウエーブやホール満載の遊びながら下れるエクストリーム。
その後も曲がりくねりつつ急激に高度を下げていく狭いゴルジュ続く。少しずつ景色が開けてきて、さらに2つの堰堤を通過するとゴールである。
堰堤の3つのポーテージの必要がある点を除けば、距離・落差・瀬の難易度・流速、水質全てが高いレベルで素晴らく、何度でも訪れたい川である。
【当日のデータ】
板取川
水量:下洞戸-0.61--0.64m
プットイン:板取庭石店石置場脇
テイクアウト:右岸初納公民館前
所要時間:40M
距離:約3km
ボート:プレイボート
グレード:4級
吉田川
水量:旭0.85-0.82m
プットイン:道の駅名宝
テイクアウト:洞戸小瀬見廃橋たもと右岸
所要時間:3H
距離:約3km
ボート:プレイボート
グレード:4級