※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
台高 黒石谷遡行
2010年7月24日

   黒石谷は紀ノ川の源流の一つであり、大台ケ原北部の水を集め、大迫ダムに注ぐ本沢川の最大支流だ。
 水量に恵まれ、美しい釜を持った滝が連続するのが、この谷の特長。直登可能な滝も多くシャワークライミングの醍醐味を味わうことができる。盛夏に、水と戯れながら遡行するのがお勧めだ。
 この谷の渓相を一言で言うなら、「女性的」というところか。適度に歯ごたえはあるものの、荒々しいというのではなくどことなく優しい。遡行中、ずっと気を張っている険谷の緊張感も好きだが、こんなくつろげる谷もやっぱり楽しい。
(レポート:相川、写真:相川、橋本)
 林道終点から、沢筋に降りるとすぐに釜を持った6m斜瀑が迎えてくれる。透き通った水に誘われるままに、さっそく釜に飛び込む。あ~気持ちがいい。やはり、沢登りは日本の夏の正しい遊び方だ。  
   廊下を一つ巻き越えると、そこから先は日本庭園のような美しい滝と淵が次々に現れる、この谷のハイライト。
 
 今回は、登れるメンバーで固めて来たため、水際をガンガン行く。泳ぎ、へつり、突き当たった滝を片っぱしから登って楽しんだ。どの滝も比較的簡単に巻くことは可能なようで、レベルに応じた楽しみ方ができるだろう。  
   息つく暇もなく遡行して行くと、やがて豪快な明神滝30mが立ちふさがる。このメリハリの良さが、遡行していて飽きさせることがない。一見手ごわそうなこの滝、右手のルンゼから意外と快適に登ることができるが、ロープは必携だ。
 鬼滝を越えた、942m二俣が気持ちの良い幕営地。今夜の宿はここにしよう。ポットラックを設営し、お決まりの焚き火ナイトを楽しむ。  
   上流部は、昨日とはまた違った渓相だ。苔むして薄暗く、立ち込める霧に薄日が差し込む。ふさわしい言葉は「幽谷」か。
 フィナーレを飾るように美しいナメが迎えてくれ、ほどなく水が涸れた谷を、黒石岳に向かって詰め上がる。大したヤブもなく、すっきりと稜線に上がることができた。  
   下山は、読図力を要する。黒石岳より先の尾根上は、道は不明瞭。地図にない林道が多数走っているが、見たところ、行きたい目的地には向かってくれそうにない。しっかりと地形を見て、尾根をたどろう。車が2台あれば、大台ケ原ドライブウェイに詰め上がるのも一つの手だろう。