※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
京都北山バックカントリー
2011年1月23日

  京都北山。標高も低く、植林のイメージも強く、通常の年ならばバックカントリーの対象として見られることはほとんどない。しかし、大雪の今年、北山にもたっぷりと雪が積もった。積雪さえ十分ならば、地形的には十分スキーを楽しめる可能性がある。
なかなかないチャンスなので、新しいバックカントリーのラインを引いてみることにした。ターゲットは標高859mの鍋谷山。頂上付近に、伏条台杉(日本海側に自生する、根元から複数に分かれて伸びるタイプの杉)の巨木群を持つことで知られる山だ。
(レポート:相川、写真:相川、小谷部、川口、吉田)
 
花背峠を越えると一気に雪国に。実は京都市左京区内だ   取りつきは鍋谷山の東に延びる尾根から。積雪は十分
 
急斜面を登る。まずまずの疎林で滑りも楽しそうだ   ひと登りで尾根へ。尾根上は藪が濃い
 
杉の巨木が見えてくる   めったにお目にかかれないレベルの巨木が林立する。見事な空間
 
840mピークで終了。のんびりと休憩   まずは北の谷に一本滑りこむ。北山とは思えないパウダー
 
登り返して尾根を滑る。まずまず快適なツリーラン   標高750m付近より、巨木の林立する南の谷へ
 
伏条台杉の森を滑る。ロケーションは最高だが雪質は厳しい   藪が濃くなる手前で登り返し。パウダー時なら、素晴らしい斜面だろう
 
忍耐の滑りを経て、最後は再び疎林を楽しく滑ってゴール