※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
頚城 昼闇山バックカントリー
2010年4月30日

  頚城山塊、焼山の北西に位置する昼闇山(ひるくらやま)は標高こそ1800m台と高くはないが、豪雪地帯にあることと、カールを思わせるスケールの大きな特異な地形を持つことから、コアなバックカントリー愛好者には人気の高い山だ。
雪の多い今年はGWでも十分楽しむことができた
(レポート:相川)
 
焼山温泉の上、林道450m地点から雪がついていた   860m付近で昼闇谷に入る。読図がやや難しい
 
昼闇谷を詰め上がる。雪面はきれいで、快適に滑れそうだ   1100mより、右手の尾根に取りつく
 
上部は大斜面が広がる。かなりの急傾斜だ   1600肩から先は、傾斜は緩むがやせ尾根だ
 
山頂付近は尾根上雪がなく、斜面にクラックも多い   雪がつながっていそうな、この場所を最終地点にした
 
急斜面にドロップ   幅2m近いクラック。脇をきわどく通過
 
「昼闇カール」、そう呼びたくなるのもよくわかる   ハイシーズンにも、ぜひ訪れてみたい