※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
滋賀 展望の伊吹山ツアー
2008年3月2日

080302

男性的な伊吹山


近場なのにまだ訪れたことのない伊吹山へ。天気にも恵まれ、360度の展望と春の雪の大斜面を堪能した。
(レポート・写真:橋本)

※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。

大雪の後の伊吹山は、手近なのにボトムのロープウェーまで標高差1000m以上を滑走できるスケールがあるとの情報。しかし、週中の大雨と高い気温で雪解けが進み、残念ながら下までは滑走できない。1週間遅れであった。



p3020833


ロープウェーでスキー場に上がり、そこから山頂まで大斜面をシール登行。登山客も多い。標高を上げるとガスに包まれるが、日光を遮ってくれるので丁度良い。

山頂は雪に覆われシュカブラが発達している。悪天時は凄いことになるのであろう。風を遮る建物の脇で休憩。
しばらくするとガスも晴れてきて白山や琵琶湖など360度の展望が見渡せた。

滑走は上ってきた南側は踏み跡が多いので、西の稜線伝いに降りるとノートラックのオープンバーン。ザラメに近い春のすべりやすい雪にシュプールを描きながら下る。稼働してないゲレンデもさらに下り、1つリフトを上がってロープウェーで下山した。



img_8020

広大な大斜面


img_8024



img_8038

神社


img_8043

発達したシュカブラ




img_8049






360度の展望
遠く白山が見える



img_8064

琵琶湖をバックに尾根を滑走


p3020939



p3021018


img_80731




img_8084


img_8103