※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
頚城 火打山~焼山北面台地 BCスキー
2010年3月20日

  火打山から焼山北面台地へ。春の嵐が明けた翌日、この季節にしては最高のパウダーを堪能した。
(レポート:相川 写真:相川、橋本)
3月3連休。
当初は妙高杉野原から入山。山中2泊で火打・焼山の南面から裏金山あたりを滑りまくり、昼闇山へ抜ける予定であった。
しかし生憎なことに、3連休中日は春の嵐の予想。高野池ヒュッテで嵐をやり過ごし、翌日のパウダーを狙う作戦に切り替えた。
今回、車は糸魚川市内に駐車し電車で直江津に移動、スキー場のシャトルバスを利用し、車一台、回送なしでワンウェイのルートを実現することができた。
 
  すっかり春という感じの温かい天気の中、三田原山に登りつめる
好天に恵まれ、三田原山の稜線に上がる付近は大勢のバックカントリースキーヤーでにぎわっていた。ただ、明日の天気が最悪の予報が出ているせいか、ほとんどの人が日帰りのようで、先に進むにつれ、どんどん人の姿が少なくなる。  
  山頂から少し北に下ったところから、樹木の少なそうな左の沢を黒沢池に向かって滑りこむ。
火打山を正面に見る快適な滑降だ
今日の行程は高谷池まで。時間がたっぷりあるので黒沢岳の斜面でしばらく遊ぶ。  
  高谷池の宿泊は2パーティだけだった。トイレを作り、水用の雪集めなどを終え、後はのんびり過ごす。
その晩は予定通りの大嵐。小屋が揺れるかと思うほどの強風と激しい雨。途中からは雪に変わった。
翌日21日、天候が小康状態になったら、近場で遊ぼうかと考えていたが、終日風雪が弱まることはなく、一日小屋に缶詰で過ごす
 
  明けて22日。
素晴らしい晴天だ。昨日までの新雪量は、小屋周辺の平地でもゆうに1m近くある。今日は雪崩にも注意しなくてはならないだろう。
天狗の庭を進む。神々しいばかりの素晴らしい景色だ。火打山山頂付近は雪煙が上がり、風が強いことをうかがわせる。  
  吹き溜まりとカチカチ斜面が交互に現れるようになったため、アイゼンに履き替えて進む。高度を上げるにつれて、風が次第に強烈になってきた。
火打山への最後の登り。たっぷりとパウダーがたまった斜面で、スキーに履き替えて強風に耐え登る。滑れないのが残念。  
  山頂付近は吹き飛ばされそうな強風。影火打側の斜面はカチカチの上に雪付きも悪く、風下の東側を巻くようにアイゼンで下降
影火打とのコルから先もカチカチ斜面。アイゼンのまま少し高度を下げ、平坦になったところでようやくスキーに履き替える。  
  影火打直下の平坦部より、西北西に延びる谷をルートに取る。見たこともないくらいの巨大なシュカブラが発達し(大きいものは人の背丈くらいも)、昨日の風雪の激しさをうかがわせる。
 
沢に入ると、ようやく風も雪も落ち着いた。   ウィンドクラストとパウダーと、カチカチ斜面がミックスした滑りだ。
  標高2000m付近で、一本北の沢に乗り換える。上部は急斜面。かなりの積雪量なので、雪崩に警戒しながら慎重に滑りこむが、幸い雪は十分に安定していた。
この谷と、その先の胴枝切戸から来る沢に合流したから先が、ハイシーズンかと思うような、底付きなしの最高のパウダー斜面だった。歓声を上げながら堪能する。  
 
そのまま焼山北面台地末端に滑り込む。標高1500あたりまでは、斜度もあり快適な滑りだ。  
  その先はクロカン。
標高1350m付近で賽の河原を横断。そのままトラバース気味に進んで夏道に合流した。
何度来ても、日本離れした北面台地の景色はすばらしい。周囲の山はどれも魅力的なバックカントリーフィールドだ。  
  アマナ平に向かってひと滑り楽しみ、後はアップダウンにはまらないようにルートファインディングしながら下っていく
笹倉温泉まで、雪はたっぷりであった。  
  のんびりとひと風呂浴びた後、車のデポ地への帰還は、路線バスを利用した。