※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
八ヶ岳・横岳西面 中山尾根・小同心クラック登攀
2010年1月30日

  登り応えのある岩場に、雪稜、草付きと変化に富んだ中山尾根。
岩場の弱点を突いた爽快なマルチピッチルート、小同心クラック。
冬の八ヶ岳・横岳西面を代表する2つのバリエーションルートの登攀を楽しんだ。
(レポート:相川 写真:相川、橋本、川崎)
今回は赤岳鉱泉をベースに2本の日帰り登攀を行う予定。
美濃戸からアプローチして、鉱泉前にまずポットラックを設営。余分な荷物をデポして中山尾根に向かう。
 
  行者小屋へ向かう鞍部から中山尾根方面へのトレースはなし。絶好の好天であるが、本日中山尾根方面に向かったパーティはいないようだ。
トレースを外れると、太ももまで潜るラッセルとなるが、一週前のものと思われるトレースの跡がひざ下くらいの深さに隠れているようなので、ピッケルと足裏の感覚で探り当てながら登っていく。
1時間ほどの登りで、鬱蒼とした針葉樹林を抜けた。雪稜の先に下部岸壁が立ちふさがっている。ラッセルでアプローチに時間がかかり、取りつき到着は13:00を過ぎてしまった。やや不安な時間だ。  
  1ピッチ目。右手に回って凹角から左上する。露出感と高度感を感じるピッチだ。
岩場から、草付きに抜けるところが悪く感じた。少し上がった雪の斜面の木でピッチを切る  
  そのまま雪稜を1ピッチスタカットでロープを伸ばし、傾斜が緩くなったところでコンテに切り替える。
明るく、気持ちの良い雪稜だ。ところどころ、岩混じりであるが、特に難しいところはない。  
  上部岩壁下でしばし休憩。八ヶ岳の西面を一望する絶好のビューポイントだ。
この先がルートの核心。上部岩壁40mのIV+のピッチ。
下部は傾斜は緩めだが、ホールドが細かいところがある。途中にテラスがあり(ここでピッチも切れる)その上は被った凹角の登りとなる。
支点は豊富にあるので、ステミングで傾斜を殺しながら、思い切ったムーブで登っていく。
 
  岩場を抜けた地点にペツルボルトがありビレイ。
その上は急な雪稜だ。登り切ったピナクルの基部で、どうしても支点が見つからなかったようで、スタンディングアックスでビレイとなった。  
  最後の凍った草付きが、アイゼン、ピッケルが浅くしか刺さらないところが多く、意外と嫌らしい。登り切ったところが実質登攀終了地点のバンドであった。
何とか明るいうちに抜けたが、下山途中で日没に。地蔵尾根をヘッデンで下山となった。  
  明けて31日、小同心クラックに向かう。アプローチは、大同心ルンゼ途中から、左手の大同心稜に取りつく。何パーティか先行しているようだ。
大同心稜は楽しい雪稜だ。大同心基部付近で先行パーティを抜かす。ただし、すでに1パーティが取りつき、もう1パーティが大同心から小同心に向かうトラバースをアプローチしているところであった。  
  このトラバース、微妙なところもあり、雪の状態によっては悪く感じるだろう。小同心クラック取りつきは広いテラス。先行パーティが1ピッチ目を登っているところであった。クラックというより凹角といったほうがしっくりくるが、急峻な小同心に見事な登路を提供している。ただ、この辺りから天候が悪化してきた。
1ピッチ目に取りつく。左上して凹角に入りその中を登っていくIVのピッチだ。途中の支点を見落として、ほぼノープロで登るはめになる。反省。  
  ビレイ点は、狭いテラス。前のパーティが2ピッチ目に取りついているところで、スペースがないためしばらく待つことにする。天気は吹雪になってきており、待ちの時間は非常に寒い。前後のパーティともに似たようなスピードのようで、その後はほとんど待ちは発生しなかった。
2ピッチ目も引き続き凹角の登り。ホールドがしっかりしていてぐいぐい登っていけるが、プロテクションは少なめだ。  
  3ピッチ目。出だしがやや微妙でザックが引っ掛かって苦しいが登り自体は容易。既にほとんど視界がない。
天気も悪いので、さっさと下山に入る。やさしい尾根上をコンテで歩き、やや難しい岩場が出てきたのでワンピッチスタカットで登ったところが横岳頂上であった。ちょうど先行パーティが下山準備にかかるところであった。  
  下降は、大同心ルンゼを使う予定であるが、この視界の悪さでは容易ではない。ちょうど迷っていた先行パーティに追い付き、一緒に下ることにする。
不安を感じながらの下降であったが、大同心稜上部の平らな尾根で、現在地をリカバリー。どうやらほぼどんぴしゃのところを下れていたようだ。そこからは2ピッチの懸垂で、アプローチのトラバースルートに戻ることができた。  
  尻セード等を交えながら、大同心稜を下る。赤岳鉱泉まで戻ると、晴れてこそいないが頂上付近での吹雪がウソのような穏やかな天気であった。