※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
南紀 日置川アッパー、四村川 カヤッククリークボーティング
2009年7月11日

梅雨後半の豪雨の恩恵を受け、緑深い南紀日置川、四村川のスティープクリークを堪能した。(レポート:三宅、写真:三宅)    
 
この日の1本目は日置川アッパーセクションである。日置川の下流域は、ガイドブックにも掲載されるおなじみのカヌーツーリングエリアである。しかし、あまり知られていないが、上流域は、増水時にエキスパートのみに許されたエキストリームカヤッキングのフィールドとなる。
ここは、その中でも最も遅い時期に開拓された最上流部のクリークセクション。支流が交わり日置川がまさにここから始まるという所からのプットインする。
 
プットインとテイクアウトについてはロードアクセスが非常に良いのだが、コース中は道路から離れて深く蛇行したV字谷が続く。そのため、トラブルがあった場合の脱出は非常に困難であり、実際の川のグレードより、1クラス上に対応する技量と装備が不可欠である。全員クリークボートに乗り、スローバッグなどの安全装備に備え、グループで1本スペアパドルを携行した。
降水量以外に水量の目安になる指標はなく、予測には経験が必要だ。この日は快適なベスト水位であった。
   
 
スタートからゴールまで、早い流れを愉しみながら、リズムよく現れるドロップやストッパーホールを攻略しつつ進む。見通しが利かない蛇行したコースで、目の前に現れる状況をクイックに処理してゆくところに、ここを降る妙味があるだろう。コースの核心では、軽快感あふれるドロップが連続する。  
特記すべき注意箇所は、1つのドロップと2つの堰堤である。ドロップは、岩の位置が非常にイレギュラーで、知らないで自然にコースと取ってゆくとピンニングの危険性が高い。中盤の2段の堰堤、ゴール間近の1段の堰堤があり、いずれもオーバーフロー型で、ポーテージが必須である。知らずに行くと、引き返せずにそのまま落下しコンクリの川床に叩き付けられるか、強烈なリサイキュレーションフローに呑まれてしまうだろう。  
  このセクションに限らず、初めての川でクリーキングに挑戦するときは、コースを熟知しているパドラーに案内を請うことが必要だ。案内がない初めての川での降下は、常にファーストディセントと同じリスクが伴う。
【当日のデータ】
距離:約10km
ボート:クリーク艇
グレード:4級
二本目は日置川の山から反対側に流れる四村川。十津川支流のこの川は、訪れるパドラーは少ないが、ガイドブックに掲載されたことがある関西を代表するクラッシック・クリークである。十津川合流部の渡良瀬温泉が有名である。    
深いゴルジュ帯に水が集まり、川幅一杯のストッパーや岩盤に刻まれた狭いスロットを形成する。スリルとスピード感のあるスティープクリークである。  
  川幅が広いスタート地点から、狭く一気に水が集まる核心部の状況を想像するのは難しい。スタート地点では微妙な水位の違いであっても、核心部では、天国と地獄ほどの違いとなる。
水量が多ければ狭いゴルジュに水圧が殺到し、逃げ場の無いパワフルなストッパーがいくつも出現する。それらの餌食になるかどうかは、微妙なコース取りとスピードコントロール、そして運次第である。
この日は、次々現れるドロップとストッパーも、コース取りさえキッチリこなしてゆけば、次々パスしてゆけるベストな水量。しばらくして現れる前半の核心は、この後を無事に乗り切れるかを占う前哨戦である。  
  カーブと融合したスロット状のドロップは、テクニックとパワーを要求される。いくつかの低いドロップをテンポ良く抜けてゆくと、長く狭いスロットに到達する。スロットの終点左岸はアンダーカットになっており、水量次第では非常に嫌な存在である。
後半の核心部はこれまでより落差が増し、瀬の密度が一気に高くなる。途中で下見のため上がったり、ポーテージするのも困難である。きつい川の常で、パドルから手を離す暇が無く、ほとんど写真が撮れなかった。  
  後半核心部の終点は切り立った崖に挟まれた美しい瀞場である。そこからは癒しの里川となり、程なくゴールである。
【当日のデータ】
プットイン:武住バス停前(本宮町武住)
テイクアウト:皆地(R311橋脚下)
水量:指標無し
距離:約5km
ボート:クリーク艇
グレード:4級