※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
三重 大内山川ロアー カヤックダウンリバー
2009年4月26日

前日から恵みの雨、新緑深いゴルジュの中、豊富な水量の極上ホワイトウォーターをカヤッキングで満喫した。
(レポート:三宅、写真:三宅、相川)
 
宮川の第一支流である大内山川は、大台ケ原を源流とする宮川本流とは異なり、紀伊半島東岸に源流を持つ。そのため、降水パターンが紀伊半島のほかの川と異なることが多い。当日は紀伊半島東岸の朝までの累加雨量が60mmほど、関西近郊でここだけが豊富な水量に恵まれるという絶好のチャンスを捉えることができた。増水で本流の宮川が濁流となっているにもかかわらず、当日の大内山川は若干のにごりしか入らず、透明度が高い透き通ったブルーの魅力的な川である。
 
  コースは大滝峡直下から宮川合流までとした。大滝峡の下からプットインする今回のコースでは、後半のゴルジュ区間では高いスキルレベルを要求されるが、プレイボート向けのダウンリバーに適した川といえる。核心部の最大のドロップはポーテージ可能であり、他の瀬も、後に瀞場が控えているため、仲間のバックアップと確実なエスキモーロール、スローバックなどの安全装備があれば降下することができる。
 
スタート地点にある最初の瀬からいきなり大内山川の洗礼を受ける。瀬の入り口を中央から左へコースを取り、スロープ状の落ち込みを降下する。スロープでは岩がらみの複雑な流れがあり、これによりフリップさせられてしまうことがあるが、下はゆるい瀬であり問題はない。流れが分散しパワーは軽減されてはいるが、スカウティングして慎重なコース取りをするのが無難だろう。
それを過ぎると後半までは、春の日差しを浴びながらのダウンリバーである。いくつかの緩い瀬のウエーブやエディラインで遊びながら下る。やがて崖高くから本流に降り注いでくる美しい滝を見ることができる。  
  ここを通り過ぎるとゴルジュ地帯に入る。そこから川相は一変し、コース後半の核心部が始まる。初めてここを訪れたパドラーは、こんなところに大歩危クラスの川が隠されていたことに驚きを感じるだろう。
交互に現れる大きな瀬と瀞場を2つほど越える。行く先に流れが止まったように見える瀞場の向こうにまっすぐな水平線が見えてくる。それが大きなドロップの兆候である。  
  コースのハイライトにして最大の瀬、あら竹ドロップである。2.5mほどのドロップだが、水面に少し顔を出した巨岩が絡んだ複雑な流れと左岸の滝つぼのため、デリケートなライン取りが要求される。ここを降下するにはレスキューのバックアップと、パワフルなストロークが必須である。左岸側のエディでカヤックを降りスカウティングを行う。ルートは水量によって異なるが、この日のベストルートは、右岸から中央へ馬の背状の流れにカヤックを乗せてブッフすること。着水が左岸側に行き過ぎてしまうとドロップ左側の強烈なバックウォッシュに捕捉されてしまう。一人ずつ降下。残りのメンバーはスローバック22を持って交互にバックアップ体制を取る。
 
スローバック22は十分な長さがあるので、大内山川のように水量が豊富な川に出かけるときスタッフは必ず装備している。
あら竹ドロップを通過した後も気を抜いてはいけない。この後は増水のビッグウォーターを思わせる形相の、大きな瀬が控えている。途中、大きなポワオーバーが突然出現する。水面に滑らかな大きな盛り上がりのサインを見逃さずに、確実に回避しなければ強力なバックウォッシュに捕捉されてしまう。核心部を抜けたところが宮川合流のゴール地点である。  
  ちなみに、今回のプットインから1kmほど上流の大滝峡からプットインも可能だが、大滝峡は切り立ったゴルジュと激しい水流、アンダーカットやシーブが数多く、エキスパートがクリークボートなど十分な装備と入念なスカウティングをして、初めて挑戦可能なクラス4-5のセクションである。くれぐれも注意してほしい。
(左の写真は大滝峡の最大の瀬。右岸にシーブ、左岸にアンダーカットが見える。)
 
【当日のデータ】
プットイン:大滝峡下
テイクアウト:宮川合流
水量:細野 1.46m
距離:約6km
ボート:プレイボート
グレード:3.5級