※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
兵庫・氷ノ山北面 ネジレ谷テレマークツアー
2009年3月1日

  氷ノ山北面の流れ尾~ネジレ谷ルートは、登りも下りも急峻であるが、条件が良ければ氷ノ山を往復する最短ルートだ。
滑降ルートの谷は雪崩の危険が大きく、滑降可否は慎重に判断する必要があるものの、標高差500mを一気に滑り降りることができる。
(レポート:相川、写真:橋本、相川)
  スタートは氷ノ山国際スキー場。
昨年訪れたときよりも20日ほど早いのであるが、雪の量は同じくらいの印象だ。しかも最上部のリフトが動いていない。
好天の下、ゲレンデをハイクアップ
 
流れ尾への合流は、雪庇が大きく発達し、時期によっては乗り越えが困難となる。今回はほとんど雪庇は落ちた後で、問題なく通過することができた。   雪庇に寄りすぎないように尾根上を進む
しばらく尾根上を進むと、雪のまばらな急斜面が。
ここからはスキーをはずして進むことにした。雪は適度にしまっていてツボ足でもそれほど問題はない。
 
  このルートは、滑降斜面をずっと眺めながら登ることができる。目的のネジレ谷に続く氷ノ山北面はまだ真っ白だ。
時間は十分あるので、途中、ロープワークなどの練習を交えつつ登る。  
  最後の山頂直下の大斜面トラバース。
ここは雪が緩んでいない状況では滑落すると止まらないので、慎重に行かなくてはならないところだ。
2時間ちょっとで山頂に到着。山頂小屋はスキー、スノーシュー、ツボ足など大勢の登山者でにぎわっていた。  
1時間ほど休憩しているうちに天候が悪化。あたりはすっかり真っ白になり、雪も降りだしていた。スキーを装着してさっそく滑降を開始。
上部大斜面のあたりがほとんど視界がなかったのは残念。
最初に出てくる岩場は、左から回避。
快適な急斜面だ。
 
 
途中、氷瀑などを眺めつつ   快適な急斜面をどんどん下る
一か所、滝と思われるノド状の箇所があるが、右手の斜面を問題なく通過可能。
下から見上げると、雪はつながってはいたようだ。
 
  次第に谷は狭まってくるが、十分快適に滑れる。標高差500mを一気に下れるのがこのルートの魅力だ。
標高950mあたりから、谷割れが始まった。右手の斜面をトラバースし、少しの登りで流れ尾の1000m付近に到着。ひと休みとする。
下部が植林になっている東尾根などと比べて、ずっと自然林の中をゆくことができる。
そこから再び左手の沢に向かってトラバースするとぴったりスキー場直下に出ることができた。