※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
奥美濃・野伏ヶ岳テント泊ツアー
2009年1月11日


IMG_5656.jpg

  石徹白は白山の南方に位置し、周囲にはバックカントリースキー向けの山々が連なるエリアだ。
大雪の中、和田山牧場跡にベースキャンプを張ってのテント泊スキーを楽しんだ。
(レポート:相川 写真:相川、橋本、西川)

1月11日:
白山中居神社前―和田山牧場跡―ダイレクト尾根―野伏ヶ岳山頂―野伏~ダイレクト尾根を滑降―和田山牧場跡(テント泊)
1月12日:
和田山牧場―ダイレクト尾根―野伏ヶ岳山頂―北東尾根尾根を滑降―和田山牧場跡―白山中居神社前

IMG_5622.jpg

  白山中居神社前は拍子抜けするほど雪が少なかったが、登り始めると次第に雪が強くなってきた。
7人くらいの先行パーティがいたが林道をカットカットしながら進んで、途中で前に出る。

和田山牧場跡に出ると一気に視界が開ける。晴れた日ならさぞ素晴らしいロケーションなのであろう。
この天気では、前方の山も全く見えない。

img_5634.jpg

 

img_5641.jpg

牧場跡へテントを張り、北西に延びるダイレクト尾根に向かう。
  トレースがないと、ブーツ~深いところで膝くらいのラッセルだ。雪は軽い。

img_5679.jpg


  山頂は吹雪で視界がなく、早々に退散。滑降に入る。登りの途中で、弱層を確認していたので、オープンバーンは避け、樹林のあるところを滑ることにした。
上部は木立が少ないので、尾根上を慎重に下降。
それでもちょっとしたオープンバーンの上部をカットしたときに足元から幅15m、破断面高さ50cm程度の雪崩発生。
雪質は素晴らしいパウダーで、スノーシャワーが顔までかかる。
やや藪が濃かったが。気持ちの良いパウダツリーランを楽しんだ。
当初はそのまま小白山あたりまで足を伸ばす予定であったが、時間的に難しそうなのでこれで終了。
テント場に戻ると、遅れてきたN川夫妻が到着したところだった。代わりに、M崎さんは日帰りで下山である
 

DSCF2695.jpgg

IMG_5699.jpg

  熱いテレマーク談義でテントの夜は更けていく。外はテントが埋まらんばかりの勢いで雪が降り続いていた。
夜半過ぎに雪は弱まり、雪落としはさぼっていたが朝までそれほど埋まることはなかった。
青空も見え、野伏ヶ岳の全容も望める。これはグッドコンディションが望めるかもしれない。
 

img_5720.jpg

img_5723.jpg

  本日は野伏、薙刀の二山目指して出発。しかし、晴れ間はほんの一瞬であった。
出発したとたん、昨日以上の大雪に。トレースは完全に消えており、山頂まで2時間半ほどラッセルに耐えて到着。
山頂は数メートル先も見えない完全なホワイトアウトと強風。さっさとシールはがして滑降に入る。
ダイレクト尾根と北東尾根のジャンクション辺りまで降りると、ようやく風がマシになり視界も回復してきた

北東尾根は適度に樹林があり、今日のようなコンディションの際でも安心。斜度、尾根の幅ともに適度でかなり滑り向きであった。
ディープパウダーを堪能する。
最後は斜度がなくなり、地図上の池の上を歩いて、テント場に戻る。このあたりにテントを張るのも楽しいだろう。
振り返るとなんと野伏ヶ岳の全容が再び望めるようになっていた。山頂にいた頃が、一番コンディションが厳しかったのかもしれない。
 

img_5745.jpg

img_5748.jpg

  和田山牧場跡に戻り、半分埋まりかけたテントを撤収して。下山にかかる。
行きと比べて、1mは積雪が増えただろうか。林道は全くトレースがなく、下りラッセルとなる。少しでもパウダーツリーランを楽しむため、できるだけショートカットしながら下る。
林道区間が残り1/3程度になったところで、下からのトレースに当たった。激ラッセルで早々に退散したのであろうか。
 

img_5759.jpg

IMG_5774.jpg

 

IMG_5778.jpg

川の飛び石に、雪がおもしろい造形を作っていた。
  車もごらんのとおり埋没。脱出には一苦労であった。