※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
北アルプス・立山初滑りツアー
2007年11月23日

 

img_5454.jpg 真っ白の黒部ダムを歩く

今シーズンも山スキー初滑りは11月の立山。豪雪で富山・立山側から入れず、長野・扇沢まで回りこんでの入山であったが、シーズン初めからパウダー三昧を堪能した。
(レポート:橋本、金山、写真:宮崎、橋本)※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。1日目: 室堂 - ロッジ立山連峰
2日目: 別山乗越 - 剣沢(滑走) - 剱御前 - 剣沢小屋(滑走) - 別山乗越 - 雷鳥沢(滑走) - 大走谷(滑走) - ロッジ立山連峰
3日目: 山崎カール(滑走) - 室堂
img_5459.jpg

急斜の黒部ケーブル

img_5462.jpg

好展望の立山ロープウエー

img_5486.jpg <1日目>早朝到着した立山駅の駐車場は雪で一面真っ白。車もまばら。アルペンルートは除雪が入っているとの前日の情報を信じて朝を迎える。駅で確認すると、除雪は入っているが11月でこんなに積雪が多いのは初めてのことで、立山側が開通するかわからないという。仕方なしに、3時間以上をかけて富山から反対側の長野・扇沢駅に回りこむ。長野のスキー場は皆真っ白。昼過ぎのとローリーバスに乗り、黒部ダムを歩き、黒部ケーブル、立山ロープウエー、トローリーバスを乗り継いでやっと室堂に到着。

img_5496.jpg

真っ白な立山連峰

img_5497.jpg

綺麗なシュプールが刻まれている

駅を出ると快晴と真っ白な立山連峰が迎えてくれる。
既に14時半。パウダーなのに随分出遅れた。取り合えず宿泊のロッジ立山連峰を目指す。日暮れも早く時間がない。宿に荷物を置いたら、近場のノートラックのパウダースノーを、綺麗な夕日と満月を見ながら頂く。
img_5506.jpg

img_5524.jpg

綺麗な夕日

img_5536.jpg

雷鳥平の奥に満月

img_5550.jpg

ロッジ立山連峰

img_5553.jpg

なぜか部屋より暖かい廊下で宴会

img_5565.jpg

アリの行列の雷鳥沢

<2日目>今日は午後から天気は崩れる予報。早めに動こう。
雷鳥沢を登り別山乗越へ。アリの行列でラッセルはほとんどなかった。
img_5584.jpg 剱御前小屋のある別山乗越は強風で落着いていられない。風が強いので稜線経由ではなく、一度、剱沢を滑走して谷に入り風を避ける。ウインドパックされたクラスト斜面であった。少し高度を落としてからもう一度シールを付け、ラッセルで剱御前を目指す。吹きさらしの斜面はアイスバーンだが、吹き溜まりはかなり新雪が積もっている。剱御前の東斜面はノートラック。本日一番乗りということだ。皆パウダーを堪能して滑走!
時折、雄大な剱岳が雲の間から顔を覗かせる。剣沢小屋手前まで滑走して昼食休憩。相変らず風は強い。
img_5598.jpg pb240814.jpg
pb240839.jpg pb240904.jpg

雄大な剱岳をバックに

img_5651.jpg 剣沢 左手に剣沢小屋が見える img_5655.jpg

強風の剱御前小屋

img_5675.jpg  シールを付け剣沢を登る。
剱御前小屋に到着すると風はさらに強まり視界が利かない。小屋脇で風を避け休憩後、カリカリの雷鳥沢に入る。少し高度を落とすと視界が開け、雪も食い散らかされたパウダーへと変わる。結構気持ちよく滑れる。高度を落とす前に、雷鳥沢から大走谷に滑り込む。尾根斜面はてこずる2-3cmまで発達したクラスト斜面。軽そうな雪の大走谷の北斜面を滑るべく、またシールを付けて再登行。
これが正解。本日一番の軽いパウダーランである。日暮を感じながらロッジに帰る。今日も堪能した。満足!
img_5681.jpg

大走りから雷鳥平

img_5677.jpg

雷鳥平の奥に地獄谷の噴煙が見える

pb240964.jpg 本日一番の軽いパウダーラン 気持ちはもっと軽い  img_5724.jpg 雷鳥平の沢山のテントの向こうにロッジ立山連峰 
img_57461  <3日目>3日は結構短い。もう最終日だ。沢山乗り継ぐ扇沢に帰らなければならないので、あまり沢山は動けない。効率良く行動するために、シール登行で浄土川沿いに上がり荷物を室堂山荘の下にデポ。それから軽量で山崎カールを目指す。
img_5764.jpg  img_5773.jpg 
pb251090.jpg  山崎カールの良さそうな斜面を選んで滑走2本。
ちょっとクラストぎみや重めの新雪もあるが、斜面を選びノートラックパウダーを堪能だ。
pb251044.jpg  img_5811.jpg 
pb251223.jpg  pb251158.jpg 
pb251209.jpg  pb251180.jpg 

img_5876.jpg

楽しかった山崎カール

img_5880.jpg

室堂へ スーツケースの人も!?