※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
西吾妻山テレマーク
2004年4月29日

最終日5/5は、帰るだけのドライブはもったいないと、山形から福島の西吾妻山に寄り道することに。天気はいまいちでしたが、福島の山の雰囲気を感じて、混浴露天風呂に入って、喜多方ラーメンを食べて神戸への帰路につきました。

メンバー:アヤ姉、金山、橋本

 

CIMG2032.JPG
 
白布温泉から天元台へロープウェーで高度を稼ぐ。
山麓j駅周辺にはまったく雪の気配がない。
雪があるか少々心配。

i-modeでの確認では、天元台スキー場1.9mあるとの情報でしたが、、、。
CIMG2035.JPG
 
天元台からリフトを3本のりついでスキー場上部へ。
心配的中。雪が極端に少ないです。
雲行きがあやしい。
CIMG2038.JPG
 
スキー場上部より森の中をあがっていく。
ふみ跡はふるいものばかり。
やはり少々時期はずれだったのか、、、。

天気もいまいちなので、休憩少しでどんどんのぼって凡天岩まで、すぐつく(下)。
CIMG2042.JPG
 
CIMG2044.JPG
 
CIMG2054.JPG
 
(左)西吾妻山は奥の山。でも天気もいまいちなので、ここで折り返すことに決定。

(下)南東の方には、雲のすきまから安達太良山が見える。
ここら辺の山々は、上ると全体的にまったりした感じがする。
CIMG2049.JPG
 
CIMG2050.JPG
 
CIMG2047.JPG
 
CIMG2048.JPG
 
帰りの時間もあるので、早々に下山をはじめる。
木々のすきまを雪をつないでおりていく。
CIMG2055.JPG
CIMG2060.JPG
 
ちょっとだけ斜面があった。
CIMG2059.JPG
 
CIMG2061.JPG
 
が、すぐに木々にはばまれる。
強引に滑れるところをつないでゆく。
CIMG2062.JPG
 
とすぐにゲレンデへ。
雨が降り出してきたので早々に滑る。
ロープウェーで下山。
午前中に終了。
CIMG2063.JPG
CIMG2066.JPG ロープウェーをのぼる急斜面の山中にある1軒宿の混浴露天風呂に。
やっぱり温泉の原点。きもちよい。

帰りは喜多方ラーメンを食べて、高速で一気に神戸へ。
行きに比べると福島からはまだ近いと感じる。

盛りだくさんのGWツアーでした。